【横山由依(AKB48)京都いろどり日記】海の京都・宮津、天橋立のグルメ・観光

2019年7月17日(水)放送の「横山由依(AKB48)がはんなり巡る京都いろどり日記」は、#73「レトロでモダンな海の京都へ」ということで、日本三景・天橋立を全身で感じる体験、知恵を授かれるパワースポット、路地裏にある宮津のソウルヌードル!最新グランピング施設で自然とのふれあいなど。今回は、海の京都・宮津を訪れました!

AKB48横山由依さんが、日本三景・天橋立でアウトドア体験!パワースポットや宮津のソウルフードを味わいました!

今回も、はんなりな横山由依さんかわいい!

https://twitter.com/kantele/status/1151386058073858048


AKB48横山由依が京都・天橋立を全身で感じた絶景体験

日本三景のひとつ・天橋立は、その姿が天にかける橋のように見えることからその名がついたと言われています。今回は、夏休みにピッタリな天橋立を全身で感じられるスポットに由依ちゃんが行ってみました。

天橋立の橋は、船が通るときに橋が90度回転する廻旋橋。大正12年にできたもの。

「なんかちょっとハリーポッターの階段が動くやつみたいですよね。」と由依ちゃん。

天橋立の絶景をモーターボートで海から楽しみました!比較的波が穏やかで海風のそう快感を存分に味わいました。まさに、天橋立を全身で感じられる体験!

意外とゆっくり出発しましたが、とっても気持ちよさそうでした!スカートでも乗れてるし、これは乗ってみたいな。

●片道600円

天橋立智恩寺

「三人寄れば文殊の知恵」で知られる智恵の仏様・文殊菩薩が本尊のお寺。日本三文殊のひとつにも数えられ、受験生をはじめ全国各地から参拝客が訪れます。

山門も立派で、室町時代中期に建てられた多宝塔は、重要文化財です。智恵の輪や扇形のおみくじも有名です。

由依ちゃん、扇子型のおみくじをひいて、みごと「大吉」


AKB48横山由依が智恩寺参道のお店で天橋立名物お土産で賢くなった⁈

「文珠荘 勘七茶屋」は、智恩寺門前に並ぶ四軒茶屋のひとつ。
創業は元禄3年(1690年)で、昔から食べると文殊の智恵を授かるとされるご利益のある天橋立名物「智恵の餅」をいただきました。

由依ちゃん、「賢くなりました。」こしあんの「赤福」みたいなお餅でした。

さらに、明治2年創業「カネマス」では、とれたての新鮮な魚の干物を七輪でじっくり焼きながらいただくことができます。

宮津の路地裏でソウルヌードル⁈絶賛売り出し中の「カレー焼きそば」

「豚珍館」は、宮津のソウルフードである「カレー焼きそば」が食べられる老舗の中華料理店。
カレー焼きそばは市内8店舗で食べられるが、豚珍館のものはつゆだくで麺と絡み合うのが特徴。

見た目に焼きそばって言うより、ラーメンって感じなんですけど、最後にごはんを入れたいというリクエストがあって、つゆだくだそうです。

「カレー焼きそば」は、平成初期まで宮津で営業していた「平和軒」が発祥と言われていて、他の土地では聞かないということで、これから有名にしようと思ってるとか(笑) 絶賛売り出し中!!そして、「平和軒」の味を再現した「スパイシーカレー焼きそば」は地元の人にも人気です。

お店によって味や具材が違うそうで、お好きな味を探すのもおすすめだそうです。
ほかには、「藤木食堂」「橋立海産センター 瑞松苑」も紹介されました。


日本最大級最新の巨大テント「ファームグランピング京都天橋立」

天橋立の海の近くに、2019年6月1日に新たにオープンしたグランピング施設。

グランピングテントは14あります。

テントの中、めちゃくちゃ広い!!
子供たちへの食育がテーマで、農園での収穫体験やピザ・パン作りなどの料理体験のほかBBQができます。分厚いベーコンや生ソーセージ、和牛ステーキ、アワビ、アクアパッツアなど、京都の素材にこだわった、ここならではの食材を楽しめます。

京丹後の大自然を快適なテントで宿泊して、手ぶらで気軽に贅沢な非日常体験が楽しめます。

施設には、ウサギがいて、エサをあげたり出来るようです。星もキレイだとか。

サイコーですね!

美しい海と空。自然に囲まれて、幼い頃に戻ったような
そんな懐かしい気持ちになりました!!宮津のカレー焼きソバまた食べたいです✨ 由依



スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする