【世界さまぁ~リゾート】滝沢カレンさんトルコ・ボドルムをクイズで知る旅

2019年8月3日(土)放送の「7つの海を楽しもう!世界さまぁ~リゾート」は、先週に引き続き、滝沢カレンさんがトルコ・ボドルムのおすすめスポットなどをクイズ形式で直接リポートしてくれるそうです!これはまた楽しそう!

滝沢カレンちゃん、トルコ・ボドルムのビーチ、ホテル、観光スポット、グルメをクイズでリポート!

今回の「世界さまぁ~リゾート」は、先週に引き続き、現地リポーターのリポートではなく、あの、滝沢カレンさんが、トルコ・ボドルムを実際に行ってクイズ形式でリポートしてくれました。

先週の番組の内容はこちらをご覧ください。【世界さまぁ~リゾート】滝沢カレンさんがトルコ・ボドルムで女子力UP旅

今日深夜0時からの放送は「#トルコ・ボドルム 滝沢カレンのクイズ旅SP!」ゲストに #高田秋 さんをむかえて、トルコのおすすめスポットをクイズ形式でご紹介!予告動画はコチラ~♪ https://buff.ly/2GzeQIK#さまぁ~ず #TBS

世界さまぁ~リゾートさんの投稿 2019年8月2日金曜日



滝沢カレンさんがリポートするトルコ・ボドルムって、どんなところ???

ボドルムは、エーゲ海に面したトルコ南西部のボドルム半島に位置する都市です。双子の入り江があり、そこからはボドルム城を臨めます。

ボドルムは、近郊のビーチタウンやリゾートを訪れる際の拠点にもなっています。市街地には、バーストリートとも呼ばれる、ナイトクラブが並ぶ賑やかなジュムフリエット通りがあります。ボドルム半島には他にも、人気のグムベットから高級ヨットが集まるトゥルクブクまでさまざまなビーチと海辺の町があるところです。

ボドルムは、東京からイスタンブール経由で約13時間。
アメリカ経済メディア「ビジネス・インサイダー」によると、
「サントロペ(フランス)、ミコノス島(ギリシャ)はもう古い。今世界で最もホットなリゾートはボドルムだ」というほどステキなリゾートだそうです。

地中海とエーゲ海に面した街、トルコ・ボドルムの降雨量はほぼ0%(夏期)で、ちょうど今がベストシーズンだそうです。

セレブに人気のリゾートトルコ・ボドルムは、白い建物が印象的な街で、年間500,000人以上の観光客が訪れます。この時期は夜8時までかかる。まさに今がベストシーズンだそうです。

白い建物が印象的な街で、年間500,000人以上の観光客が訪れます。この時期は夜8時まで明るくてまさに今がベストシーズンだそうです。

View this post on Instagram

みなさん、寝てますか❓起きてますか❓😊 「嵐にしやがれ」見て頂いた方いますか❓ いたとしたら、ありがとうござました✨ 私は実は言っていませんでしたが、また海外にお仕事しに行って海を越えてました🎈 気が付かなかった方、ごめんなさい😅 もちろん日本のお仕事を海外でしていたということで、皆様をびっくりさせるつもりはありません。 ですが今この仕事で行ったんだと私が言っても時が来て住人方が忘れられて「そんな話もあったよな」なんて居間でされたら私も赤っ恥で居間にいにくいので、まだ言いません🤫 お好きに想像時間です🕐 でも間違いなく私は冒険してきましたし、絵本の一ページに入り込み現実とは思えないものを目で見てきました🥰 まだまだ目がお花畑になる瞬間はたくさんあって、久しぶりに目にお礼を言われました❤️ 先の先まで見たい気持ちと、目の前しか見てない自分が真っ二つになる瞬間があります🎬 はるかかなた そんな言葉が脳管を通り私に幕を落とします😌 ほんとーに世界は広くて果てしなくて巨大で莫大で、わたしには手の回しようがないです😌 回り道をしたって、近道考えたって世界を見ている宇宙の目からしたら、小さなゴマが人の口についたにしか見えないようですが、私たちがゴマだったら、ゴマなりに激しい決断をしてるって思いました。 ここではそんなゴマのような私が必死に居間に飾りたいと持ってきた写真を展示しておきます📸 一緒に見たかった景色をお味わいください🙂 行かなきゃわからない世界でありますように…🎈 #地球の周りはこんなに果てしないが #地球の内側はどうなっているのか #内側にも世界があったらなと #27歳になったって夢みてしまう #内側だったらもっともっとおっきな世界が #作れるはずさ #詰め込んだ夢のように窮屈な世界が #あっても楽しそうだ #地球を知るにはあと500回は #生まれ変わりが必要だ

A post shared by 滝沢カレン/karen takizawa (@takizawakarenofficial) on



滝沢カレンさんが訪れたボドルムの人気ビーチ、エーゲ海に面するBitez Beach(ビテズビーチ)

ボドルムの人気ビーチ、Bitez Beach(ビテズビーチ)。

エーゲ海に面しているところが滝沢カレンさんのお気に入り。でも、気になるところが、ビーチにたくさん並んだビーチチェアが水際ギリギリということ。なんと、60cm。歩くところがとっても少ないんです。ビーチ沿いに店が密集しているから客席を確保するためにそうなっているそうです。波がかからないのか気になりますが、ここは波が穏やかだから大丈夫なんだって。

さて、年配のトルコ人はビーチで見かけるあるものを日本語のある名称で呼びます。それは何を何と呼ぶのでしょうか?

なんと、ビーチサンダルを「東京」と呼ぶそうです。




滝沢カレンさんが女の子が絶対行きたいお店で世界三大料理・トルコ料理に挑戦!グルメ情報

トルコ料理専門店ローカルレストラン「エライバリック」

店構えや店内の内装もかわいい素敵なお店でした。滝沢カレンさんも「女の子が絶対行きたいお店かもしれない」

1品目…カバクチチェイドルマス:約360円(18TRY)
トルコの代表的な前菜。ズッキーニの花を使っており、トマトソースで炒めた米を入れ、一緒に煮込んだ料理

カレンさんの感想。
「美味しい!花を食べてるって感じ。ほうれん草の胡麻和えって感じ。ほんとにたまに食べたい。」

2品目:キョフテ
ひき肉にスパイスを入れて焼いたもので、トルコの代表的なメイン料理。

カレンさんの感想
「こんなおいしいもの日本になんでないんですか!?」

人気B級グルメ「キメネカフェスタンド」

3品目:ウスラック・ブルゲル:約160円(8TRY)
トルコのハンバーガー

カレンさんの感想
「なんですか?これ?本当にネッチョネッチョで濡れているたぶん。」

トルコの人はパンをソースに浸すのが好きなのでパンがしっとり濡れているそうです。


滝沢カレンさんが訪れたトルコ・ボドルムの離島・カラ島

ボドルムからボートで約40分の無人島。

問題 : 洞窟の中には何があるでしょうか?
答え :温泉があり、 洞窟の中に泥パック場がある。温度は32℃とぬるま湯

カラ島の泥にはマグネシウム、カルシウム、硫黄などミネラルが豊富で、肌に塗るとピーリング効果で肌がスベスベになるそうです。

天然のエステですね!洞窟の中で泥パックをしているカップルがいました~。
滝沢カレンさん、本当にすべすべになったそうです。

それにしても、滝沢カレンさん、ラッシュガードとショートパンツで、全然水着じゃないやーん!!!


滝沢カレンさんがトルコ・ボドルムで訪れたトルココーヒー専門店でトルココーヒー占い

トルココーヒー専門店:チェベジザーデ

問題 : カフェの発祥はトルコである。○か×か?
答え : ○

1554年頃にシリアから来た商人がイスタンブールでトルココーヒーを使ってカフェを開いたのが最初と言われているそうです。
昔ながらの熱した砂で作るトルココーヒーが人気。
トルココーヒーとは、粉と水を手鍋で一緒に入れて作るのが特徴で、ユネスコ無形文化遺産にも登録されているそうです。
●トルココーヒー:約200円(10TRY)

問題 : トルコではコーヒーを飲み終えた後にすることは何?
答え : コーヒー占い
カップに沈殿したコーヒーの残った粉の模様で占うそうです。
カレンちゃんもカリスマ占い師ディレキさんに占ってもらいました。が、1回目は粉を飲み干したからともう1杯やりなおし。
すると、「2回目も模様が出ないのはあなたに問題があります。あなたは海外の映画に出るでしょう。多分ロシアの。それもアクション映画に出ると成功する。後、何が知りたい?」結局コーヒー占いはわずか10分で、その後タロット占いを30分してもらいました~。


滝沢カレンさんも楽しんだトルコの定番スイーツ:トルコアイス

トルコアイスの店:ナザール

トルコアイスの屋台では、伸びるアイスを使ったパフォーマンスが定番。
カレンちゃんも戸惑いながらおつきあい。
パフォーマーさんが日本のテレビに欲張って、パフォーマンスが2週目に入り、なかなか終わらないので強制終了されました(笑)

ピスタチオ味のトルコアイス、おいしそう!!!
カレンさんの感想「ただの、普通のピスタチオアイスです。おいしい!」

問題 : トルコアイスはなぜ伸びるのでしょう?
答え : デンプンを使っているため
デンプンは「サレップ」と呼ばれ、ラン科の花の球根を粉にしたものだそうです。

●トルコアイス/ピスタチオ:約100円(5TRY)

山本美月ちゃんもトルコアイスにやられていました~



滝沢カレンさんが泊まったトルコ・ボドルムの高級ホテル

5スターホテル:サマラホテル

リラクゼーションプール(30m)とメインプール(70m)があって、プールの先にはプライベートビーチもあります。
オールインクルーシブなので、飲み放題、食べ放題で楽々ですね。
お部屋はリビングルームに、リビングの奥にはベッドルーム。ベッドルームは2つあり、最大4人まで宿泊可能。
テラスからはオーシャンビュー。

●スタンダードルーム1泊:約60,000円



スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする