【マツコの知らない世界】バウムクーヘンの世界で紹介された絶品のお店5選!

こんばんは、タクトです!バウムクーヘン、大好きです!
ちょっと先走ってしまいましたが、2019年8月27日(火)放送のTBS系「マツコの知らない世界」は、バウムクーヘンの世界!を全国9000人バウムマニアの中でも2トップの田辺マミさんと福永小雪さんが紹介してくださいました。

当ブログでは、番組終了後にどこよりも詳しい情報をお届けしています。

【マツコの知らない世界】バウムクーヘンの世界!日本伝来100周年!バウムクーヘンの奥深い魅力を紹介!

全国9000人の会員を擁するSNS上で組織するバウムクーヘンマニアの中でも2トップの田辺マミさん・福永小雪さんが案内役でした。

マツコさん、田辺マミさんと福永小雪さんというお名前に、「プロレスのペアみたい」と反応(笑)

バウムクーヘンマニアのことを、「バウムラー」というそうです。
そして、実はバウムクーヘンとバームクーヘンには知られざる明確な違いがあった!?

2トップだからこそ知る絶品バウムクーヘンや、明日買いたくなる身近なバームクーヘンを続々ご紹介!

思わずマツコさんも「バウムクーヘンって美味しいわね~。」手が止まらない!

2トップさんたちは、おふたりともアラフィフ。
田辺マミさんは、大学で科学実験の研究中にバウムクーヘンの魅力にはまり、33歳ぐらいからは、たくさん買って食べきれないバウムクーヘンを部屋に飾り始めたそうです。
福永小雪さんは、もともとチーズケーキが大好きだったそうですが、東京・世田谷にある「ヴィヨン」のバウムクーヘンに衝撃を受け、バウムにはまったそうです。最近、バウムクーヘン仲間とバウム婚を成し遂げたそうで、バウムクーヘンに入刀されたそうです(笑)

そして、バンド仲間さんとバウムクーヘンの歌を作ったそうで、番組で披露してくれました!
マツコさん「素晴らしい!」と絶賛?でしたが、かなりシュールな歌でした~。1万人いた会員が減ったのはこの歌のせい?



洋菓子ヴィヨン

ちなみに、ヴィヨンさんでは、つねに焼き色を見ながら回転する芯棒に少しずつ生地をかけていき、一本焼き上げるのに、1時間。一時も気を抜けないそうです。

”しとり”がある分生地が重いので焼くのもむずかしい。長年のカンが頼りだそう。

できあがるのは、“水なし”で食べられるほどしっとりとしたバウムクーヘンだそうです!種類もいろいろありますし、サザエさんの焼印を押したサザエさんバウムもお土産に喜ばれそうです!

創業 1965年5月
住所 〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2-8-4
電話 03-3427-2555 FAX 03-3427-2045
定休日 水曜日
営業時間 9:30~20:00



マツコの知らない世界で紹介された、身近にあるバームクーヘン!?バウムクーヘンとは違う???

身近にあるバームクーヘン!?

コンビニでつい買ってしまう、お土産でいただくととっても嬉しいバームクーヘンがスタジオに並びました!

店名 商品名 価格(税込) 店舗
ファミリーマート バウムクーヘン 154円 全国
ローソン 発酵バターを使ったふんわりバウムクーヘン 125円 全国
無印良品 不揃いバターバウム 150円 全国
せんねんの木 とろなまバウムクーヘン とろなまチョコ 1,533円 千葉県木更津・君津・市原
花水木 筑波山バウムクーヘン 1,580円  茨城県内5店舗、高円寺、流山など数店
浜幸 バウムクーヘン 1,080円・中サイズ 高知県全域
ねんりん家 ストレートバームやわらか芽YS 1,080円 東京、羽田空港、横浜、大阪梅田
柳月 三方六 プレーン 680円 北海道全域、成田空港、東京のアンテナショップ
治一郎 治一郎のバウムクーヘン 2,160円 静岡県、神奈川県、東京を中心に、全国
北菓楼 バウムクーヘン 妖精の森 1,944円ホール高さ6cm 北海道




マツコさん、無印良品のバターバウムを召し上がって、「美味しい!バター感があるよね~。」

浜幸さんのバウムクーヘンは、「ブランデーの香りがする」

次々食べるマツコさんに、2トップさんたちは、「厳密に言えば、これらはバウムクーヘンではありません」とピシャリ!

なぜかというと、「バウムクーヘン」と「バームクーヘン」の違いがあるそうです。
「バウムクーヘン」と名乗るには、国立ドイツ菓子協会による材料や作り方などの厳格な規定があり、職人が1本ずつ手作りするものとされているそうです。
そして、「バームクーヘン」は、材料や作り方が自由で、機械で大量生産するものの呼称だそうです。

どっちでもいいような気がするけど、バームクーヘン、美味しいですよね~!!!
でも、厳格に規定された「バウムクーヘン」って、もっと美味しそう!食べてみたいです!



マツコの知らない世界で、ユーハイムさん絶賛協力により焼きたてバウムクーヘンを食す!

通常の「バームクーヘン」は、自動焼きオーブンで大量生産されているそうです。

それに対して、「バウムクーヘン」は、職人が1本1本350°c以上のガスオーブンで手作業で焼くそうです。火の当たり方によってコゲができるそうです。

1922年創業の日本のバウムクーヘン業界の元祖とも言える、老舗「ユーハイム」さんの全面協力のもと、スタジオに本物のバウムクーヘンオーブンが登場しました!

バウムクーヘンオーブンは、かなり高温で、焼いている間オーブンの前は40°cから50°cにもなるそうです。本場ドイツでは、バウムクーヘン職人は過酷なので早死すると言われているそうです。

バウムクーヘン1本焼くのに、平均的な厚さの20層を焼き上げるのに約1時間前後かかるそうです。

スタジオで焼いたバウムクーヘンを、マツコさんらが焼きたてでいただきました!

「バウムクーヘン」とは、木(バウム)+焼き菓子(クーヘン)なので、木のお菓子という意味です。

出てきたバウムクーヘンは、結構薄くカットされていて、切り方もまさに木のお菓子!
「めっちゃうまい!」「ちょっとホットケーキに近い!」

ユーハイムさんの商品、今はこれ“ザ・マイスター”シリーズが美味しそうですね~。

View this post on Instagram

【“ザ・マイスター” 新作バウムクーヘン登場】
 ユーハイム100年の歴史の間に誕生した 9名のドイツ製菓マイスターが伝承し導いた 【無添加】【職人の手仕事】【当たり前のお届け】 3つの「美味しさの結論」をお届けする “ザ・マイスター”シリーズ。  この度、新作バウムクーヘン 「THEクラフトバウム」が発売になりました。
 ※一部の店舗での販売となります  #添加物不使用 #卵の力を活かした別立て製法 #しっとりとした口どけの良い生地 #自家製焦がしバターの豊かな味わい #シンプルだけど奥深い味わい  #ユーハイム #ザマイスター #ザクラフトバウム  #洋菓子 #バウムクーヘン #スイーツ #baumkuchen #sweets #焦がしバター #新商品 #新作スイーツ #おやつ #3時のおやつ #手土産 

A post shared by ユーハイム公式 (@juchheim1909) on



マツコの知らない世界で紹介された、本場のバウムクーヘン!!京都の「ズーセス ヴェゲトゥス」コゲが美味すぎる!

「バームクーヘン」にはない!本場「バウムクーヘン」でしか味わえない3つの魅力とは!?

魅力① 職人の人生を引き立たせる「コゲ」

この「コゲ」からわかることは、「職人の優しさと強い意志がつくるコゲのコントラスト」だそうです(笑)

店主さんは森美香さん、女性のバウムクーヘン職人さんです。記事作りは力仕事で、1日10本焼くこともあるので重労働だそうです。

生地をオーブンで回して焼きながら、はちみつをかけてまた焼くを繰り返すことで、はちみつがコゲた層やランダムなかかり具合で味の変化を生むそうです。

コゲとはちみつのマダラがおいしいそうです!焦げたはちみつの甘さと香ばしさが口の中で溶け出すとか。

美味しそう!!!そして、ダージリンティーとの相性がとってもいいそうです!

ハチさんの焼印もかわいいですね~。お店の雰囲気もメルヘンでステキ!!!

って、ワタクシ、この間、京都の北区のこのあたりにディナーに行きましたよー。もっと早く知っていたら買いに行ったのに~ヽ(;▽;)ノ



ズーセス ヴェゲトゥス(京都府)

はちみつバウムクーヘン(箱付き)2,365円
※店頭では量り売りにて販売、通販では定量で販売

〒603-8412 京都府京都市北区紫竹下竹殿町16
TEL:075-634-5908
FAX:075-634-5908
営業時間:11:00~19:00
定休日:水・木曜日



マツコの知らない世界で紹介された、本場のバウムクーヘン!!北海道・深川の「洋菓子工房 年輪舎」最高のしっとり感!

「バームクーヘン」にはない!本場「バウムクーヘン」でしか味わえない3つの魅力とは!?

魅力② 最高の”しっとり感”の証し「へこみ」

「バームクーヘン」は、自動焼きオーブンで毎回均一な層ができるように調節されて焼かれているが、手焼きの「バウムクーヘン」は、火加減も生地をかけるタイミングもすべて職人さんの判断だそうです。しっとり感を残すため、柔らかいうちに次の生地をかけることでその重さでできる「へこみ」が魅力なんだそうです!

大阪・豊中で営業されていた「欧風洋菓子フレンド」さんが店舗ビルの老朽化により、北海道深川市に移住して、2012年に「洋菓子工房年輪舎」をオープンされたそうです。

北海道の素材へのこだわりが感じられます!

マミさんいわく、「バウムクーヘンは手で食べたほうが美味しいです。」

マツコさん、「華のような香りがする。ウマイ!」

生地の水分を極限まで残したクリーミーな食感と風味が魅力だそうです!

えーっ??どんなの??食べてみたい~!!!

店主の佐藤良平さんの腕の太さ?がいいとマツコさん絶賛の反応(笑)



洋菓子工房 年輪舎(北海道)

北海道産小麦粉使用 手焼きバウムクーヘン プレーン
2,400円(税込)

〒074-0002
北海道深川市二条8-24
電話・ファックス番号 0164-22-3900
営業時間 10:00-18:00
定休日 日曜日・第二月曜日



マツコの知らない世界で紹介された、本場のバウムクーヘン!!兵庫・西宮の「カーベ・カイザー」日本バウムクーヘン界の最高峰!

「バームクーヘン」にはない!本場「バウムクーヘン」でしか味わえない3つの魅力とは!?

魅力③ すべてを兼ね備えた究極の「美しい輪」

こちらのバウムクーヘンは、すべてを兼ね備えた日本バウムクーヘン界の最高峰!だそうです。

「バウムクーヘンクラシック」の美しい輪からわかることは、「永遠を感じるジャボチンスキー反応を作り出す職人技」だそうです???

じゃぼちんすきー?????

「ベロウソフジャボスチンスキー反応」とは、数種類の化学物質を混ぜた時に起こる振動を伴う化学反応のことだそうで、マミさんが学生の頃研究していたものらしいです(笑)

1977年創業のカーべ・カイザーさんの日本最高峰のバウム職人は、御年74歳の大隅稔雄さん。

一番のこだわりは、技術よりも原材料とおっしゃっています。
材料は、北海道産小麦粉、ベルギー産発酵バターはCARLSBOURG社の「Haute Ardenne」、兵庫県産七福卵など、選び抜いた珠玉の材料だそうです。

こだわりのあえて焼きにくい材料を使うことで薄く美しいそうに焼き上げているそうです。
バターや卵など材料と対話できるとおっしゃっていました!

実際のバウムクーヘンは、薄く仕上げることで35層以上にもなり、きめ細かな層がテレビ越しにも美味しそうでした。

マツコさんも、「ものすごい高いものを使っているのがわかる味。全然刺々しくない。」

カーべ・カイザーさんの日本最高峰のバウムクーヘン食べたいです!

そして、こちらはバウムクーヘン以外に生菓子や焼き菓子もたくさん種類があるようなので、そちらも是非!



マツコの知らない世界で紹介された、国立ドイツ菓子協会の「バウムクーヘン」の定義とは?
  1. 材料には、ベーキングパウダー(膨らし粉)を使用しない。
  2. 油脂は、バター以外のものを使ってはいけない
  3. バター・小麦粉・砂糖1に対して卵を2とすること。
ドイツ菓子&カフェ カーベ・カイザー(兵庫県)

バウムクーヘンクラシッククンスト(木箱入り)
5,832円(税込)
所在地 :〒663-8174
兵庫県西宮市甲子園四番町1-31
電話 :(代)0798-47-2466
FAX :0798-45-8181
営業時間:9:00〜18:30 定休日:月曜、火曜

この投稿をInstagramで見る

ドイツ菓子カーベカイザーさん(@kaiser_koshien)がシェアした投稿



マツコの知らない世界で紹介された、一生に一度は食べてみたいバウムクーヘン!!奈良の「デルベア」幻バウムクーヘン!

なかなか手に入らなくて、数年待ちのお店だそうです。

お一人で全て手作りで作業をしているそうで、1日に1本しか焼けないそうで、ウェブサイトにもそのこだわりが書かれています。材料はすべて無添加!

デルベアとは、選び抜いた自然の素材と、添加物に頼らない昔ながらのドイツの伝統的な【別立て製法】でつくる、少しだけ頑固な、こだわりの手作りバウムクーヘン専門のウェブショップです。

ドイツの伝統的なバウムクーヘンは、自然の力を利用した別立て製法でつくられます。当店ではさらにこだわり、乳化剤や膨張剤等の添加物を一切使用せず、あらかじめ分けておいた卵黄の乳化作用と、卵白の起泡性により、丹念に丹念に生地を調製いたします。使用する素材は自然であること、無添加であることを基本として納得のできるものを捜し求めました。できる限り産地や生産者の顔の分かるものを使用しております。

さくらの芯木の回る特注の直火式オーブンに火を入れてからおよそ2時間、じっくりと一層一層、心をこめて焼き上げます。すべての工程が手作りのため、一日に焼き上がるのは2本だけです。
選び抜いた素材の配合は、試作を重ね、それぞれの風味を大切にしながらも、あえてひとつの個性が突出しない絶妙のバランスを目指しました。素材の持ち味を、自然な製法で引き出した当店のバウムクーヘンは、生地そのものの味わいが命です。基本的に、チョコレートなどの表面コーティングはしておりません。生地そのものが持つ深い味わいをお楽しみください。

この貴重なバウムクーヘンをスタジオで頂いたマツコさん、「食べてて体にいいのがわかる。ものすごく素朴だけど、喉に残る迫力が違う。華やかなバターや小麦粉の香りがする。おいしい!」

いいなぁ~。でも放送終了後、またウェイティングの数がイッキに増えるんだろうなぁ~。



デルベア(奈良県)

自然のバウムクーヘン
簡易包装 3,888円(税込)

TEL 0742-46-7778
FAX 0742-49-7157
MAIL info@derbar.jp
住所 〒631-0006奈良市西登美ヶ丘8-19-16

電話によるご注文・お問い合わせについて
当店は一切の作業を、店主一人で行っております。
こだわりの生地作りと焼成に集中する為、営業時間の大半(特に焼成作業中は一切応答できないのです)は直接電話に出ることが適いません。
電話が不通の場合が多いかとは存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
できましたら、FAXまたはメールにてお問い合わせいただくのが確実です。
もちろん、緊急のご連絡等は、直ぐに電話に出る事ができないかもしれませんが、ご遠慮なく電話にて申し付け下さい。

View this post on Instagram

とても美味しい貴重なバウムクーヘンを誕プレに頂きました♡ 数年待ちの幻のバウムクーヘン DERBAR『デルベア』 友達は3年待ちだったそうで… しかも何と‼︎ タイムリー 今日のマツコの知らない世界で紹介されてたっ‼︎ 選び抜いた自然素材と添加物に頼らない昔ながらのドイツの伝統的な製法で作るので1日の生産量が限られているそうで中々手に入らないみたい 薄くスライスして軽く温めて… 発酵バターがほんのり香る上品で優しい味。贅沢〜✨ #derbar #デルベア #バウムクーヘン #こだわり素材 #バターはカルピス発酵バター #こだわり抜いたバウムクーヘン #極上の味 #なかなか手に入らなくて数年待ち #貴重なバウムクーヘンありがとう #とてもタイムリーw #マツコの知らない世界で紹介

A post shared by Emiko Masuda (@emiko.coco) on

「マツコの知らない世界」で紹介された、バウムラー2トップさんらによる絶品バウムクーヘン、いかがでしたか?

いずれも通販でも買えるようなので、少し待つかもしれませんが、食べてみたいですね~。

そして、身近にある「バームクーヘン」ではない「バウムクーヘン」を発掘するのも面白そうです!!!



スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする