【徳島/那賀町・カントリーロード】太龍寺ロープウェイ乗り場最寄り・国道195号線すぐのおすすめランチ・グルメスポット【LOVEお遍路】

こんにちは!当ブログ管理人のタクトです。

ワタクシ、現在、四国八十八ヶ所巡礼の旅に行っております。クルマお遍路で区切り打ちをしていますので、せっかくですから、周辺のグルメやスポット、お土産などの情報を、事前に調べたり、実際に立ち寄ったりしたところを中心に、シェアしていきたいと思います。これからお遍路に行こうと考えている方のお役に立てればと思い、お店ごとに記事を書き、札所ごとにまとめていきますので、どうぞご利用ください。

この記事では、21番札所太龍寺へのロープウェイ乗り場に最も近いレストランをご紹介します。

徳島・21番札所太龍寺最寄りの唯一のグルメスポット「カントリーロード」ランチにおすすめのお店

21番札所から22番札所に向かう途中で通りかかるグルメスポットは、この「カントリーロード」のみです!

ワタクシたち、本当はおうどんを食べたかったのですが、ロープウェイ乗り場のお店は不定期営業とのことで閉まっていましたし、次の22番札所とは逆方向にあるおうどん屋さんまで行くと、ロスタイムになるので、「カントリーロード」でランチをすることにしました。

外観は、新築のステキな雰囲気。

入り口はスロープになっていて、お年寄りにも安心です。

ちょうど前の道路が工事中で、これからどんな風になるのか楽しみです。

駐車場はお店の前に10台分ぐらいあります。

内装もね、店名の通り、とってものんびりした雰囲気。

新築で気持ちいいです。

ワタクシたちが入店したときは、いくつかテーブルが空いていましたが、帰るころには地元の常連の方々かな?満席になっていました。

関連ランキング:ステーキ | 那賀町その他



徳島・21番札所太龍寺最寄りの唯一のグルメスポット「カントリーロード」のメニュー

「カントリーロード」の気になるメニューは、ほぼ、お店に入って着席しないとわかりません(笑)

お店の入り口に入る前に、少なくともこの看板を見られたらいいなぁとおもいました。

そして、メニューは、ほぼ、ここに書いているだけです(笑)

ワタクシたちは、この日は日帰りの予定でしたので、夜は焼肉かステーキを食べて帰ろうと思っていて、、、

それで、お昼はおうどんと思っていたのですが、テーブルで見たのはこの印刷されたメニューだけ。

カレーか、ステーキですね。。。



徳島・21番札所太龍寺最寄りの唯一のグルメスポット「カントリーロード」でいただいたお料理

この店構えにして、この2択とは、難しいな~と思いながら、

結局、二人ともカツカレーを注文しました!!!

カツカレー 1,080円 と カツカレー(大盛)たぶん、1,180円

そうそう、徳島でいつも思うんですが、どのお店もレシートをくださらないんですよ~。

頂戴って言わないとくれないのかな?

そして、こちらが「カツカレー普通盛り」です。これにサラダもついています。

普通盛りにして、このボリューム!!!

大盛はさらにこれでもかというぐらいのごはん!お得感あり。

トンカツもこの半分ぐらいを予想してたのに、ビッグサイズ!

それがね、食べても食べても減らないんですよ~。

しかもね、注文の時に、メニューには書いていない「甘口ですか?辛口ですか?」って聞いてくれて。

ワタクシたちね、普段は甘すぎるカレーはあんまり食べないんですよ。

それでね、甘いのはちょっとなぁと思って、ふたりとも「辛口」を注文しました!

そしたらね、もう、これが、辛すぎて辛すぎて(泣)スプーンが進まない。。。

普段二人ともあんまり汗をかかないんですけど、大盛食べてる人は汗がたらたら、普通盛りのワタクシは、汗はかきにくいので、涙と鼻水が出てきて、食べられない。。。

おいしいんですよ。カレーもトンカツもね。

わざわざ大盛にしたのに、もったいないけど、二人ともごはんもカレーもトンカツも残しちゃいました(涙)

ごめんなさい。

「辛口って、どれぐらい辛いですか?甘口はどうですか?」と聞いたら良かったですね。

なんでも自分の基準で想像して決めつけるのは良くないですね。

勉強になりました。

そして、お会計の時に、お店のカウンターで店員さんが並んで召し上がっていた「チャーハン」を横目に、「それが食べたかったよ~!」と心の中で叫んだワタクシでした(;^ω^)

20番札所鶴林寺から23番札所薬師寺までの間は、あまりお食事できるところはありませんので、できれば19番札所立江寺から20番札所鶴林寺までの間に、少し早くてもお腹に入れておいた方がいいかもしれません。

23番札所薬師寺の周りは、比較的、お店やお食事処があります。

お役立ていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする