【あさイチ】朝ドラ女優・松本穂香さん東京・浅草と日暮里の激安問屋街を散策

2019年7月11日(木)のNHK「あさイチ JAPA-NAVI」は、朝ドラ「ひよっこ」にヒロインの友達・青天目澄子役で出演していた、松本穂香さんがゲストです。

朝ドラ「ひよっこ」青天目澄子役・松本穂香さんとは?出身地は?年齢は?

松本穂香さんと言えば、NHKの朝ドラ「ひよっこ」のヒロインの友人役・青天目澄子(なばためすみこ)役を演じていたことが印象的ですね。また、「意識高すぎ高杉くん」のキャッチフレーズが耳に残る「au」のコマーシャルでも「松本さん」の爽やかな学生服姿がかわいすぎます!

松本穂香さんは、1997年2月5日生まれの22歳。
ご出身は、大阪府堺市だそうです。関西在住のワタクシとしては、とっても親近感を感じます!

大阪弁が聞きたいな~。そう言えば、大阪出身の松本穂香さんが、「ひよっこ」ではあんなに完璧な福島いわき弁を喋っていたんだと思うと、さすが!女優さんだと感心しますね。

セリフじゃない言葉をしゃべる松本穂香さんが見られるのもそれだけでワクワクします!!!

View this post on Instagram

片寄さんのお力もあり、週刊松本穂香、フォロワーさん10万人突破!ということで… カッコ悪いですが、もう少し前に10万人突破するかなと思い、かなり前に撮影していた10万人突破企画をお届けです。 けん玉、ルービックキューブと同じ日やないかい! そんな声が聞こえてくるようです、誠に恐縮です… よくわからない画像と動画を垂れ流しているアカウントこと、週刊松本穂香、 これからも何卒よろしくお願い致します。 各所からお祝いのお言葉も頂きましたので、 ご紹介していきたいと思います。 #週刊松本穂香 #10万人 #松本穂香 #きみと波にのれたら #おいしい家族 #夢食堂の料理人 #わたしは光をにぎっている #酔うと化け物になる父がつらい #au #re就活 #あさがくナビ #nhkテキスト #エリス #伊藤園

A post shared by 週刊 松本穂香 (@weekly_matsumoto) on




あさイチで今注目の女優・松本穂香さんが東京・日暮里の激安問屋街で高見えコーデに挑戦!

東京には、かっぱ橋の「台所用品」問屋街や御徒町の「ジュエリー」問屋街など、東京・下町にはその道のプロだけでなく、誰もが楽しめる問屋街があります。

余談ですが、大阪にも、本町にある「船場センター街」とか、おもちゃや駄菓子の「まっちゃまち筋商店街」とか、ミナミの千日前にある「道具屋筋」とか、いろいろあります。

問屋街って、品物がたくさん揃っていて、見たこともないようなものが売っていたりして、ぶらぶら見ているだけでも楽しくてテンション上がりますよね~。

今回のNHK「あさイチ JAPA-NAVI」は、女優の松本穂香さんとともに、問屋街の「観光客でも楽しめる方法」を徹底的に追求!
おトク情報はもちろん、知られざる問屋街のウラ側を紹介してくれるそうです。

「あさイチ」で、今回取り上げる問屋街は、日暮里と浅草。

日暮里の「繊維問屋街」では、布地などの材料だけでなく、有名ブランドのブラウスやTシャツを超特価で手に入れることができ、オシャレを楽しみたい女性たちから注目されているそうです。

そんな日暮里に、松本穂香さんがロケで向かいました!
なんと一足99円の靴下が売っています。えっ!?ワンピースまで99円。さらに、ジーンズは本体価格12,000円が399円と、なんと96%オフ!?

服が激安の日暮里は、大正時代から続く布の問屋街です。
190もの衣類関連のお店が並びハンドメイド大好き女性が通う街だそうです。

「トマト」という問屋さんを訪ねました。
こちらは、本館以外に4つの別館がある、ハンドメイドのデパートですね!
布地がなんと1メートル100円!
記事が1万種類以上あるそうです。いろんな素材が揃っています。

松本さんは手作りしたりするんでしょうか?
高校生の時に好きな人にマフラーを作ってあげたそうです。
高校時代のそれ以来何も作ってないそうです。
松本穂香さんにマフラーもらったの誰ですか~???
うらやましすぎるやないかーい!

いきなり、「プチプラのあやさん」登場!
日暮里の激安衣類を使って、”高見え”コーデができるらしいですよ~。

松本穂香さんも、”高見え”コーデに挑戦!

松本さんの”高見え”コーデは、

シルバーのサンダル:599円
ブラウン系柄物のワンピース:1999円
白いレースのブラウス:999円
謎の(笑)ビニールバッグ:399円
猫柄のビニール傘:199円
トータル:4295円

何着てもかわいいんですけどね~。。。
松本さんの高見えコーデは、プチプラのあやさんの採点では、10点満点中7点でした~!

今年はブラウンがトレンドなので、トレンドを意識したコーデになっているそうです。
ビニールバッグとサンダルを今年のトレンドのブラウン系の落ち着いたものに変えると10点満点のコーディネートになるそうです。

ということで、

高見えコーデのポイント

1.ベーシックカラー
白黒ベージュグレーの4色を意識する

2.シンプルなデザイン
大きなロゴや派手な柄は避ける

3.トレンド感
今年のトレンドはサンダルです。スポーツサンダルと厚底のものがトレンドだそうです。
ポリエステルが素材に入ってる服を選ぶと高めに見えるそうです。



あさイチで大阪弁が聞きたい女優・松本穂香さんが東京・浅草の問屋街でピッタリの靴を探す!

浅草は、靴の問屋街です。靴問屋や靴職人の工房が集中しています。
浅草は隅田川沿いにたくさんの工場やお店が立ち並ぶ全国でも屈指の靴の問屋街です。
街中を歩くと、住宅街にも靴屋さんが並んでいます。

お手ごろにたくさんの種類の靴に出会える場所です。
そんな問屋さんも、いわゆる有名ブランドの靴って値引きをしていないんですが、店員さんに尋ねると、20%引きになると教えてくれたりするそうです。
事情により?値札には書いてないそうです(笑)

そして、靴をお得に買えるだけでなく、問屋街を巡るツアーがあるのも浅草ならでは。
靴のパーツを揃えた専門店や普段見られない靴工場の中を見学できます。
このツアーの中で人気なのが靴の手作り体験。

松本穂香さんも、8つの革のパーツを縫い合わせて、犬の散歩に履きたいおしゃれな靴を作ることにしました。
松本さん、実は手作業が苦手だそうです(笑)
皮を張り合わせて糸で縫っていくことで靴を作ります。

オレンジとベージュのかわいいモカシンができました。
先生にたくさん助けていただいたそうです。
ちょっとガタガタしているけどそこが味があってかわいい感じがします。
スタジオでは皆さん苦笑ぎみでした(笑)

そして、今、浅草の靴業界では、痛くないパンプスを作ろうという動きがあるそうです。
向かったのは浅草にあるごく普通のビル。5年前に浅草の靴メーカーが作った研究所。
「パンプスメソッド研究所 i/288」

https://www.instagram.com/p/BzuGvAcAzMb/

研究所では、288種類のパンプスのもとの形を揃えています。
288種類作るための形やパーツもあらかじめ用意されています。
1つのメーカーでこれだけの数を用意すると物の値段が高くなってしまうため複数メーカーで共有することでコストを抑えているそうです。
足の形にぴったり合ったパンプスを作れば痛みから解放されるとのこと。

サイズと幅で歩きやすい靴を探します。
足に合ったパンプスだとヒールが高くても歩きやすいそうです。
基本は27,000円で作れるそうです。
普通はフルオーダーだと100,000円位するのでかなりリーズナブルです。
左右違うサイズでも作ってもらえるそうです。

これはいいこと聞いた!
靴ってホントに試しばきしても、なかなかしっくりくるものに出会える確率って低いんですよね~。
オーダーメイドだって実際履いてみると痛いのかもと疑っていたワタクシは、この値段なら無理してトライしてみてもいいかもと思いました!!!

浅草の靴職人細野さんが、お店でパンプスを買うときのぴったりのパンプスを選ぶポイント2つ!教えてくれました!

ポイント1.かかとの幅
足のかかとにぴったりな幅のものを選ぶと良いそうです
ポイント2.土踏まずの形
自分の土踏まずの形に合っているものを選ぶと良いそうです

さらに、浅草ではパンプス以外の靴のお悩みを無料で相談できる足の相談所が三ヶ所あるそうです。
足を無料で測定してくれて、普段から履いている靴の調整をしてくれるそうです。

これも、いいこと聞いた!
今度東京行く時、調整して欲しい靴をはいていこう!


あさイチであんまんちゃんが東京・日暮里の問屋街でハンドメイドアクセサリーの作り方を伝授!

日暮里繊維街は格安なお店だけじゃなく個性的なお店もたくさん。

あんまんちゃんが紹介してくれたのは、日暮里にあるボタン専門店。
ボタンが5000種類ぐらいあるそうです。海外製のものやスワロフスキーのものといろんなものが揃っています。
最近流行の兆しを見せているのがハンドメードアクセサリー。
ボタンを使って、コスト数百円、製作時間わずか3分のピアスやイヤリングを作ることができるそうです。
作り方はYouTubeで見れるそうです。見なくても簡単!

材料:ボタン、イヤリングパーツ、紙やすり、接着剤(どれも100円ショップで手に入る)

作り方:ツーステップ
1.ボタンの底をヤスリで削る
2.ボタンを接着罪でパーツにつければできあがり!

おぉ~!簡単!

続いては外国人が押し寄せる、ミャンマーの「ロンジー」の布地専門店を紹介してくれました。「ロンジー」とは、ミャンマーの民族衣装で、巻きスカートのことです。
他にコスプレ生地専門店もありました。
シワになりにくく色のバリエーションが豊富で好きなキャラクターを作りやすいように布地を取り扱っているそうです。
キャラクターを忠実に再現できるように同じ素材で約32色の生地を扱っているそうです。

あんまんちゃんも「忍たま乱太郎」の「しんべえ」になりました~!



スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする