【大阪・梅田】駅からスグおいしいおはぎ買える人気店3選2020【旅のGourmet】

こんにちは。当ブログ管理人のタクトと申します。そろそろ旅ブロガーを名乗りたいと思っています(笑)

先日、テレビ番組「マツコの知らない世界」では、おはぎマニア女子でビキニフィットネス女王の安井友梨さんが、京都を中心に、全国のおいしいおはぎを紹介してくれました。

ワタクシ、よだれを垂らしながら(汚くて失礼!)拝見していたのですが、すぐに買いに行ける大阪のお店は1軒「森のおはぎ」さんだけでした。

そこで、当ブログでは、大阪最大のターミナル駅である、JR大阪駅、阪急大阪梅田駅、阪神梅田駅、大阪メトロ(Osaka Metro)御堂筋線・梅田駅、谷町線・東梅田駅、堺筋線・西梅田駅など各線のターミナルの乗り換えにも便利な、歩いてすぐのおいしいおはぎが買えるお店をご紹介します。

1.「仙太郎(せんたろう)」阪急うめだ本店地下1階

「仙太郎」さんは、京都に本店を構える和菓子店。

京都、大阪、神戸、名古屋、東京にも店舗があります。大阪には、阪急うめだ本店のほかに、高島屋大阪店、近鉄あべのハルカス店もあり、ターミナル駅は網羅していますね。

そんな「仙太郎」さんのおはぎは、定番商品となっており、「粒」「きなこ」のほかに、「七穀おはぎ」という変わり種おはぎがあり、いろんな穀物の香ばしさがたまらない、三種三様、全部味わいたくて、また買いに行きたくなります。

<おはぎラインナップ>

おはぎ 粒 1個 195円(税込)
八分づきの青じそ入り生地を、丹波大納言小豆を炊き上げた粒あんで包みました。

おはぎ きなこ 1個 195円(税込)
こしあんを、八分づきの青じそ入り生地で包み、黒豆きなこをまぶしました。

七穀おはぎ 1個 195円(税込)
丹波大納言小豆を炊き上げた粒あんを、石垣島産の黒米入り五穀と羽二重もち米を使った大葉入り生地で包みました。 五穀に小豆・もち米で七穀。

この投稿をInstagramで見る

Kaori Takagi(@kitto_kaorin)がシェアした投稿



2.「サザエ食品(さざえしょくひん)」阪神梅田本店地下1階

「サザエ食品」さんは、ワタクシも知らなかったのですが、兵庫・西宮に本社があり、昭和48年創業で、おはぎを中心にたい焼きや大判焼き、大丸では大丸焼きを提供していて、創業以来、北海道・十勝のあずきを使用したあんこに自信を持つお店です。

そんなサザエ食品さんのおはぎが梅田で購入できるのは、阪神梅田本店になります。ちなみに、大丸梅田店にもサザエ食品さんが出店していますが、おはぎではなく、大丸焼きが販売されています。

おはぎは、定番の粒あん、きな粉、青のりのほかに、季節ごとにゆずやずんだなど、いろんなおはぎを選んで購入することができます。

「今日はどんなおはぎが並んでいるかな?」と買いに行くのが楽しみになります。



3.「喜八洲総本舗(きやすそうほんぽ)」大丸梅田店地下1階

喜八洲総本舗さんは、大阪・十三に本店がある、みたらし団子が超有名な老舗和菓子店です。

大阪には新大阪駅をはじめ、支店があり、全国のあちこちのデパートの催事でも出店されており、喜八洲さんのみたらし団子を一度は食べたことがある方も多いと思います。そして、もともとは酒まんじゅうのお店なんです(笑)いや、笑うとこちゃうやん!

大阪・梅田で喜八洲さんが買えるのは、大丸大阪店です。

その喜八洲さんも、おはぎを提供しています。その名前が、「花ぼた餅」。ん?おはぎ?と思う人もいらっしゃるかもしれませんが、「おはぎ」=「ぼたもち」なんです。

喜八洲さんの「花ぼた餅」、名前もかわいらしいですが、結構甘口で、ザ・おはぎという感じがします!

濃い目の緑茶ととっても合う一品です。

この投稿をInstagramで見る

ネ申 c h a n 大阪飲酒倶楽部JINBO(@jinbo_osaka_inshu_club)がシェアした投稿



【マツコの知らない世界】おはぎの世界で紹介された絶品おススメのお店

2020年1月14日(火)放送のTBS系「マツコの知らない世界」では、全国のおはぎを食べ歩く安井友梨(やすいゆり)さんが日本のスイーツ「おはぎの世界」を紹介してくれました。

京都のおはぎのお店を中心に紹介してくれています。大阪・新地の「森のおはぎ」さんも紹介されましたので、よろしければこちらもご覧ください。

2020年1月14日(火)放送のTBS系「マツコの知らない世界」では、全国のおはぎを食べ歩く安井友梨(やすいゆり)さんが日本のスイーツ「おは...
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする