【あさイチ】女優・小林綾子さん宮城県仙台・石巻のスポット・グルメ取材!

2019年9月5日(木)のNHK「あさイチ JAPA-NAVI」は、朝ドラ「なつぞら」で先日亡くなった山田天陽くん(吉沢亮さん)の母・山田タミさん役の、女優・小林綾子さんがゲストです。宮城県仙台とその周辺のいま「ホット」な現場を突撃取材しました!

当ブログでは、番組終了後にどこよりも詳しい情報をお届けしています。

目次

あさイチのゲスト、宮城県仙台とその周辺を案内してくれる女優・小林綾子(こばやしあやこ)さんとは?出身地は?年齢は?

小林綾子さんは、1972年8月11日 生まれの47歳。ご出身は、東京だそうです。

女優・小林綾子さんさんと言えば、1983年にNHK朝の連続テレビ小説『おしん』の主人公の少女時代を熱演し、一躍、国民的子役となりました。その後後年、『おしん』は海外80ヶ国以上で放映され、小林綾子さんの演技は世界の人の心を動かしたといっても過言ではありません。

『おしん』以降も、断続的に女優さんとしてドラマに出演してこられ、『渡る世間は鬼ばかり』や『水戸黄門』をはじめ、サスペンスシリーズなどの王道ドラマに出演されています。

こうして子役時代から長い間女優として芸能界で活躍してこられたとは、「おしん」的なご苦労もあったかもしれません。長く愛される女優さん、素晴らしいですね!

そんな女優さんのイメージが強い小林綾子さんが、今回は、宮城県仙台周辺を突撃レポートしてくれました。落ち着いた小林綾子さんの魅力があふれていました!



あさイチで小林綾子さんが宮城・仙台の定番グルメ!進化した牛タンの魅力を味わえるグルメスポットを突撃取材!

今回のNHK「あさイチ JAPA-NAVI」は、仙台とその周辺のいま「ホット」な現場に、女優・小林綾子さんが突撃取材しました。

仙台と言えばまず注目は、なんといっても牛タン。

100軒以上の牛タン専門店がある「牛タン王国」仙台には、よく知られている“焼き”以外にも、現地だからこそ味わえる、知られざる食べ方があって、その牛タンが今すごいことになってるそうです。

仙台の牛タンは、タンの中でもタン中やタン元と言われる柔らかい部分だけを使用。さらに数日かけてゆっくり肉を熟成。職人技で味と柔らかさに磨きをかけているそうです。

定番の食べ方は牛タン焼きです。でも牛タンの食べ方が”焼き”だけでなく様々な形に進化しているそうです。



あさイチで小林綾子さんが宮城・仙台の定番グルメスポット!進化した牛タンしゃぶしゃぶや茹でたんが味わえる「味の牛たん喜助(きすけ)」

まず訪ねたのは、老舗の牛タン店「味の牛たん喜助(きすけ)」さん。

案内してくれたのは、仙台牛たん振興会事務局長小野博康さん。かなりの牛タン通の方です!

まずは、牛タンしゃぶしゃぶ。

タンの中でも最も脂がのったタン元を使っています。1mm以下でかなり薄く透けるようにスライスされています。
薄くスライスすることで焼きでは味わえない柔らかな食感が楽しめるそうです。牛のしっぽからだしを取ったテールスープで5秒ほどしゃぶしゃぶしていただけます。合わせるのはポン酢にもみじおろしとネギがおススメだそうです。

小林綾子さん、「普通のお肉よりも歯ごたえがあって噛んでいると牛タンの味がわかる。霜降り感がとろけるようで本当においしい。」

続いては「茹でたん」です。
厚めに切ったタンをテールスープなどで10時間以上煮込むととろけるような食感に。分厚いタンのボリュームはそのままに。だけど驚くほど柔らかい新食感の牛タンワールドが口の中に広がります。
コトコトじっくり煮込まれて、味が染み込んでいるそうです。

小林綾子さんは、すべておいしかったけれども1番と言えば牛タンしゃぶしゃぶがおいしかったそうです。

さらに、こちらのお店の通販商品、「職人仕込牛たん(110g) 1620円(税込)」も紹介されました。家でも手軽に牛たんがいただけるとのことで、美味しそうでした!通販でも宮城県のアンテナショップでも買えるそうです。

この冷凍牛たんの自宅での食べ方ポイント!
①常温に戻す②火加減は中火③肉をひっくり返すのは1回だけ だそうです!

牛たん割烹㐂助別館は、牛たんと和食がコラボした、新しい仙台名物牛たんが味わえるお店です。牛たんを知り尽くした喜助と、和食の道一筋の板長が織りなす、牛たん焼だけでは味わい尽くせない、牛たんの美味しさをぜひ一度ご賞味ください。

味の牛たん喜助さんの投稿 2019年6月2日日曜日

味の牛たん喜助 一番町本店

住所:仙台市青葉区一番町1-6-19 壱番館ビルB1F
TEL.FAX:022-262-2561
営業時間:月~金 ランチ 11:30~14:00 夜の部 17:00~22:00
土・日・祝 昼の部 11:30~14:30 夜の部 17:00〜21:00
休日:元旦(不定休日あり)

こちらのお店、仙台市内に7店あるほかに、東京にも4店舗あり、横浜、川崎、名古屋、大阪と、この放送を見て食べたくなった方はお近くのお店に行っていただくことが可能です!



あさイチで小林綾子さんが宮城・仙台の定番グルメスポット!進化した牛タンのたたきが味わえる「牛たん料理 閣(かく)」

次に訪れたのは、「牛たん料理 閣」さん。

超激レアな「牛タンのたたき」をいただきました。

表面を炭火であぶることで、肉の香ばしさとジューシーさが増すと言われています。たっぷりのネギとポン酢にレモン汁でいただけます。そんなに脂っこいわけではなくお肉って言う感じでも残り飽きがこない味だそうです。

これはすごくおいしそうです!!!

ほかにも、牛たんの刺身もいただけるそうです。これは珍しいですね!

牛タン料理 閣 本店

TEL:022-268-7067
住所:仙台市青葉区1番町3丁目8-14 B1F
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:30(L.O.21:30)
年中無休



あさイチで小林綾子さんが宮城亘理町のホットなスポット、主婦が作るカワイイ巾着袋「FUGURO」を取材!

いま宮城で話題のおしゃれな雑貨。巾着袋。

使わなくなった古い着物や反物を材料に、細かな飾りにいたるまですべて手作り。化粧道具を入れたり、バックの中で小物を整理したりするのに便利だと、女性に人気です。今、その評判は海を渡り、なんとスイスの高級時計ブランド「ジラール・ペルゴ」とコラボするまでになっているそうです。



この巾着袋を作っているのは、宮城県亘理町に暮らす主婦10人ほど。子育てや介護をしながら作っている人もいらっしゃるそうです。東日本大震災で被災した呉服店から、売り物にならなくなった着物や反物を譲り受けたのが、巾着袋づくりのきっかけだったそうです。
この巾着袋を考案したのは、地元の主婦・引地恵さんです。
古くなったり汚れてしまった着物や反物を利用して作っているそうです。8年半前の東日本大震災で着物や反物を呉服屋さんから譲り受けたのがきっかけで作り始めたそうです。
思いが詰まった着物を何かに使えないかと思いついたのが伝わる巾着袋だったそうです。
100年前の巾着袋を見せていただいて、小林綾子さんは「おしん」のころを思い出すとおっしゃって、引地さんと話しながらおふたりで涙ぐんでしまいました。
着物の柄を選んで作る。着物の柄には、縁起のいいものが多いので、いろんな意味が込められているそうです。
地元の若い女性たちがおばあちゃんから「小豆3粒包める布は捨ててはあがんねよ」と、端切れも大切にすることを教わりながら縫製の技術を学ぶことで地域の文化や技術を次の世代に受け継ぐことができるようになったそうです。
余った布はシュシュやヘアゴム、小物入れなどの雑貨に作られています。お店では製作体験もしているそうです。小林さんも体験でブローチを作っていました。



あさイチであんまんちゃんが仙台の行列スポットを取材!ご当地アイドル「ぜんりょくボーイズ」

朝6時半。仙台市中心部の商店街に、若い女性ばかり350人の大行列を発見!

その先で待っていたのは、「ぜんりょくボーイズ」というご当地男子アイドルユニット。

なんと彼ら、全国でも珍しい朝7時半開演の早朝ライブを行っています。しかも料金はワンコイン500円。通学や通勤前に、元気がもらえるということで、今仙台の若い女性たちの間で人気が高まっているそうです。

いまは、県外からも来たいという人のために、日曜日も早朝ライブをしているそうです。

ご当地アイドルがこれほど盛り上がっているとは、その存在意義!地域貢献!すばらしいです!しかも、ぜんりょくボーイズのメンバーは、映画に出演したり、メンバーの自己実現にもしっかり成果を出していて、ご当地アイドルのあり方のお手本ですね~。って、ワタクシ、誰?!



あさイチであんまんちゃんが仙台の行列スポット&グルメを取材!並んで爆買い「主婦の店さいち」のおはぎ

他にも行列ができるところにあんまんちゃんが出かけました!

秋田市秋保区の「主婦の店さいち」

朝9時に開店しました。並んでいたお客さんは、秋保おはぎにまっしぐら。

最高売り上げは、1日25,000個だそうです。日持ちは1日だそうですけれども1個100円でこんなに大きくて安い。ごま、あんこ、きなこがあります。

売り場の様子をカメラで見ながら売れた分だけすぐに作り出して並べているそうです。1個100円の安さに加え、常に作りたての新鮮さが人気の秘密でした。

このおはぎ、ほかのテレビ番組でも見たことあるんですけど、そんなに美味しいおはぎ、一度食べてみたいです!

この投稿をInstagramで見る

MIKIKO.N🐨さん(@koara0160)がシェアした投稿



あさイチであんまんちゃんが仙台の行列スポット&グルメを取材!老若男女がならぶ「定義豆腐店」の三角あぶらあげ

さらに、仙台市大倉地区の「定義豆腐店」でも行列を発見!駐車場にもう既に車がいっぱいでした。お店の前にもたくさんの皆さんが。

その先にあったのは、仙台のソウルフードという「三角あぶら揚げ」。

お客さん曰く、「油揚げラブ」だそうです。1枚130円税込

人気の秘密はこの分厚さ。さらに揚げたてのアツアツをいただけるということ。これは見逃せません!

重石を乗せて1日半かけて水分を抜いた専用のお豆腐を30分かけて油で二度揚げするそうです。低温と高温の油で2度揚げすることで、中がフワっと、外がパリッと香ばしく仕上がるといいます。

お子さんからお年寄りまで、観光客のみなさんまで、みんなに大人気だそうです。

定義豆腐店

住所:仙台市青葉区大倉字下道1-2
定休日 : 不定期
営業時間 : 8:00〜17:00
電話 : 022-393-2035
FAX : 022-393-2272



あさイチで猫好きな小林綾子さんが、宮城・石巻のホットなスポット「猫の島 田代島(たしろじま)」へ

また、石巻市から船で45分のところに位置する田代島は、数多くの猫が暮らす「猫の島」。

島に向かう船は全国から猫ファンがやってくるお客さんでいっぱい。石巻市田代島は、周囲11キロの島です。

猫が100匹以上いると言われています。

島に暮らす猫のカワイイ姿がたまらない、と今や海外からもたくさんの猫ファンや観光客が訪れる人気スポットになっています。

インターネットや海外の旅行誌でも、田代島が紹介されているそうです。

その昔、ケガをした猫を助けたところ、大漁に恵まれたという言い伝えがあり、島では猫を漁の神様として奉ってきました。

意外と猫に出会えず、小林綾子さんも、その猫神様をお祀りしている「猫神社(美興利大明神)」にもお詣りしました。

ロケの日は33度。こんな暑い日は猫もあまり外に出てこないそうです。
猫がたくさんいるという情報をもとに、「島の駅」に行きました。

こちらは、猫グッズを売っているのと、病気の猫を治療したりして島内の猫を守っている施設でもあります。
小林綾子さん、エサやりのお手伝いをさせていただきました。子猫がいっぱいでした。

帰りの船がやってくるまで、およそ4時間ほどの滞在で、果たして何匹の猫に出会えたのでしょうか?

結果は、69匹でした!ガチンコで楽しい猫ちゃん探しをしました。



あさイチで小林綾子さん紹介してくれた宮城県仙台周辺、いかがでしたか?

牛たん、おはぎ、油揚げと、食べたいものがいっぱいでしたね!

猫の島「田代島」も巾着袋「FUGURO」も、東日本大震災からみなさんのいろんな思いをもとに、東北を、宮城県を、仙台を、石巻を、海外の人や観光客がたくさん来て、訪れた人と地元の人が元気になることを目指して頑張っていらっしゃることがとても素晴らしいと思いました。

宮城県を訪れることで、訪れた人が元気をもらえそうな気がしました!

牛たんしゃぶしゃぶ食べたーい!



スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする