【旅サラダ/ゲストの旅】杉山愛さん北海道・小樽、余市、ニセコで秋のグルメ・アクティビティを堪能!

こんにちは。タクトです。
2019年10月5日(土)放送の「朝だ!生です旅サラダ/ゲストの旅」は、元世界的テニスプレーヤー・杉山愛さんが、北海道の小樽、余市、ニセコでグルメやアクティビティを堪能する旅をしました。

当ブログでは、番組終了後にどこよりも詳しい情報をお届けしています。

旅サラダで杉山愛さんが北海道の秋を満喫する旅!「小樽イルポンテ(おたるいるぽんて)」でワイングラス作り!

今回の旅人は杉山愛さん。

行先は秋の北海道!杉山愛さんはワインが大好きだそうで、小樽にある憧れのワイナリーを訪ねる旅です。

まずは、ワイナリーに行く前にやりたいことがあると、「小樽市総合博物館・運河館」に行くのかと思いきや、素通りして(笑)、「小樽イルポンテ(おたるいるぽんて)」さんへ。

こちらは吹きガラス体験や革小物製作体験、サンドブラスト体験ができるスポットです。たくさんのガラス工芸品やグラスなども並んでいます。

杉山愛さんは、ワイン大好きということで、吹きガラス体験でワイングラス作りに挑戦しました!

杉山愛さんは、赤ワイン用と白ワイン用のワイングラスを作りたいそうです。

まずは形や色を選びます。杉山愛さんは、ウィンブルドンカラーのブルーとグリーンを選びました。

職人さんのマンツーマンのサポートで、杉山愛さん、とっても上手にできました!初めてでも安心して楽しめます。

できあがりは、手作り感もあるし、とってもキレイな色合いのかわいいワイングラスができました!

【住所】小樽市色内2-1-19
【電話】0134-32-7880
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】不定休
【料金】体験料:ワイングラス作り 1個 5,000円(税抜)~/通常の吹きガラス体験1個  2,500円(税抜)~※ワイングラスは要予約



旅サラダで杉山愛さんが北海道の秋を満喫する旅!余市町の「山本観光果樹園(やまもとかんこうかじゅえん)」で食べ放題の果物狩り

ステキなワイングラスを作った後は、小樽から車で40分の余市町の果樹園へ。ワイナリーに行く前に寄り道。

「山本観光果樹園(やまもとかんこうかじゅえん)」さんは、余市町にある創業以来150年の果樹園。

余市は土壌が良く、りんご、ぶどう、梨の生産量全道一を誇る名産地。

山本観光果樹園さんでは、有機栽培されたフルーツが時間無制限で食べ放!広大な園内を散策しながら四季折々の味が楽しめます。

特別に園内を案内していただきました。

真っ赤なりんご「あかね」は、酸味が効いたさっぱりしたお味。

梨「幸水」は、食べごろのものにオレンジ色のテープを付けてわかるようにしてくれているそうです。

他にも、プルーン「パープルアイ」、自然交配で生まれた北海道固有の品種のブドウ「旅路」など、ここでしか味わえない果物など、たくさんいただきました!

広大な敷地に11品目、66種類が植えられていて、その時々の旬を味わうことができるそうです。子連れ旅行にも良さそうです!!!

【住所】余市町登町1102-5
【電話】0135-23-6251
【営業時間】9:00~17:00(入園は16:30まで)
【定休日】11月10日まで無休 ※変更になる場合あり
【料金】食べ放題コース 1,091円(税抜)


旅サラダで杉山愛さんが北海道の秋を満喫する旅!憧れの「オチガビワイナリー」で真摯に作られたワインで至極のひととき

杉山愛さんが行きたかった憧れの「オチガビワイナリー」は、広大な自社農園を持つワイナリー。

オーナーの落希一郎(おちきいちろう)さんは、ドイツの国立ワイン学校を卒業後、国内の数々のワイナリーを設立。5年前に理想を求めて落ち着いたのがこの余市だったそうです。

自慢の畑を案内していただきました。

落さん曰く、「ワインづくりはブドウづくりが九割九分。ワインは良いブドウが収穫できたら黙っていても良質なワインができる」そうです。

ワインの味は皮が関係しているそうです。ワインは酸味がないとできないそう。

発酵室なども案内してもらい、「新樽熟成」ということで、樽は3年ごとに入れ替えるそうです。

ワインの直販はもちろん、ぶどう畑を展望するレストランで、自家製ワインを手頃な値段でお料理とともに味わうことができます。

杉山愛さんもディナーコースをいただきました。

北海道の海の幸を盛り込んだ前菜「海のオードブル」、

合わせるのはスパイシーな味が特徴のワイン「Gewürztraminer2018」。なんと、すべてグラスで500円!

次にすすめていただいたのは、「Musukateller2017」。香りが全然違うそう。

どちらも希少品種。杉山愛さんははじめのワインがお好みだそう。

「アミューズ」「地元野菜のミネストローネ」に続き、メインは、「余市・北島ポークのプルーンと赤ワイン煮」。

お肉には、赤ワイン「Acolon2017」。

このお料理にはこっちの方が向いてるかもと、もうひとつ、「Cuvee Cabernet2017」

ワインを堪能している杉山愛さん。コメントもお好きなのが伝わります。

これは行きたいですね~。

【住所】余市町山田町635
【電話】0135-48-6163
【営業時間】ワイナリー・ショップ: 11:00~17:00
レストラン:ランチ 11:00~17:00(L.O. 14:00)/ディナー 17:00~20:00(L.O. 18:30)
【定休日】ワイナリー・ショップ:年末年始/レストラン:火曜
【料金】ディナーコース 5,000円(税抜)/黒ラベル・ワイン グラス 500円(税抜) ※ディナーは要予約



旅サラダで杉山愛さんが北海道の秋を満喫する旅!ニセコで羊蹄山の湧水と農産物グルメを堪能!

ワインを堪能した後は、大自然を満喫しようと、ニセコへ。

まずは、「ふきだし公園(ふきだしこうえん)」で羊蹄山の伏流水の湧き水を味わいました!
ミネラルを含んだまろやかな軟水で、一日におよそ8万トンが湧き出ているそうです。

そして、道の駅「ニセコビュープラザ」の農産物直売所「びゅーぷら」にも立ち寄り、とうもろこしとじゃがいもをたくさんお買い上げ!

そして、テイクアウトのお店で、じゃがバター(230円)、ひとくちコロッケ(5個入り230円)もいただきました!

もしかして、さっきのディナーコースとワインのうえに、ジャガイモですか???

北海道は美味しいものがいっぱいありすぎて、お腹いっぱいになりますよね~。



旅サラダで杉山愛さんが北海道の秋を満喫する旅!ニセコでアクティビティ体験!「NACニセコアドベンチャーセンター(なっく にせこあどべんちゃーせんたー)」でラフティング初体験

たくさん腹ごしらえをした後は、「NACニセコアドベンチャーセンター(なっく にせこあどべんちゃーせんたー)」でアクティビティに挑戦しました!

NACニセコアドベンチャーセンターは、ニセコの大自然を満喫できる様々なアクティビティを提供しています。創業者のオーストラリア出身のロスさんは、国内屈指のスキーリゾートであるニセコで初めてラフティングを始めた方だそうです。

そのロスさんがナビゲートしてくれるラフティングに初挑戦しました!

壮大な景色を見ながらのラフティングは、水がとても澄んでいて、適度な急流もあり、とっても楽しそうでした!

この投稿をInstagramで見る

NAC マウンテンギアショップさん(@nac_mountaingearshop)がシェアした投稿

【住所】倶知安町字山田179-53
【電話】0136-23-2093
【料金】ラフティング 大人 5,700円(税抜)
【体験時間】午前の部 9:30~13:00/午後の部 13:30~17:00 ※11月4日まで/小学生以上
【ホームページ】www.nacadventures.jp

杉山愛さん、ずっと笑顔でステキでした~。

食べっぷり、飲みっぷりもいいと番組でも褒められていました(笑)

秋の北海道、すぐにでも行きたい気分になりました!



スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする