【旅サラダ/ゲストの旅】沖縄・竹富島と西表島でかたせ梨乃さんラグジュアリー冒険旅

おはようございます。タクトです。
2020年2月22日(土)放送の「朝だ!生です旅サラダ/ゲストの旅」は、女優・かたせ梨乃さんが、沖縄・八重山諸島の竹富島と西表島を訪れ、自然を満喫するゴージャスな旅を楽しみました。

当ブログでは、番組終了後にどこよりも詳しい情報をお届けしています。

目次

旅サラダで沖縄・八重山諸島の竹富島(たけとみじま)と西表島(いりおもてじま)の大自然をかたせ梨乃さんが紹介!

竹富島は、沖縄・那覇から南東へ約400キロのところにある、八重山諸島の一つです。石垣島の石垣港から船で15分ほどのところにあります。

かたせ梨乃さんは、3年前に番組のロケで30分だけ竹富島に行ったことがあるそうで、その時は、竹富島の海においてある旗をとるというだけの滞在だったそうです(笑)

神田正輝さん曰く、「かたせ梨乃さんは小唄や三味線、ピアノ、フラメンコまで、いろんなことをする人なのに、そんな人が30分で満足するはずがない」そう。

今回は、そんな消化不要だった3年前の竹富島訪問を取り戻す旅になったそうです。



旅サラダでかたせ梨乃さんが訪れた竹富島の移動に最適!レンタサイクル

竹富島は、周囲およそ9㎞。沖縄の原風景が息づくしまと言われています。

かたせ梨乃さんも大はしゃぎ!

この竹富島を移動するのに便利なのがレンタサイクル。

竹富島に降り立つとすぐのところに「友利観光」さんがあります。

「友利観光」は、竹富島のレンタサイクル・タクシー・貸切バスのお店。

レンタサイクルでは、電動アシスト付や2人乗り用など豊富な車種を取り揃えています。

竹富島観光の足にオススメ。

かたせ梨乃さんも電動自転車をレンタルして、撮影カメラを待たずに(笑)、「ビューン」と言いながら出発しました!

かたせ梨乃さん、かわいいです!!!

この投稿をInstagramで見る

がちまやー(@bobo.chums)がシェアした投稿

友利観光(ともりかんこう)

【住所】竹富町竹富2186-8
【電話】0980-85-2335
【営業時間】レンタサイクル 10月~3月 8:00~17:00/4月~9月 8:00~17:20
【定休日】不定休 ※詳細はHPにてご確認ください
【料金】レンタサイクル 1時間 400円~
【ホームページ】tomori-kankou.com/



旅サラダでかたせ梨乃さんが竹富島「あかやま展望台」の「ハーヤ ナゴミカフェ」でランチ

竹富島でレンタサイクルに乗ったかたせ梨乃さんが最初に訪れたのは、「あかやま展望台」。

展望台と言っても、2階建ての建物の屋上なのですが、ここが竹富島で唯一の高い建物。

ここから、竹富島を上から一望できるんです。竹富島ならではの風景を楽しめます。

ちなみに利用料は、1人100円。

この投稿をInstagramで見る

まっちん(@da3i1ki81605)がシェアした投稿

「ハーヤ ナゴミカフェ」

そして、この赤瓦の家並みを見晴らすあかやま展望台の2階にあるカフェ「ハーヤ ナゴミカフェ」でランチをいただきました!

「ハーヤ ナゴミカフェ」は、地元の食材を使った料理やドリンクを味わうことができるカフェです。

かたせ梨乃さんがいただいたのは、季節の島野菜カレー 850円。

ゴーヤがいっぱいトッピングされていて、カレーと合うそうです。

ナーベラ(ヘチマ)が入っていたり、その他の通り島野菜が楽しめるカレーだそうです。

他にも、かき氷やパフェなどもあり、島観光の暑さから解放されたいときにもおすすめです。

この投稿をInstagramで見る

MAKI HOZUKI(@makime_me_)がシェアした投稿

関連ランキング:カフェ | 竹富町その他



旅サラダでかたせ梨乃さんが竹富島の「西桟橋(にしさんばし)」思い出の場所でリベンジ

かたせ梨乃さんが竹富島で次に訪れたのは、3年前のロケで唯一訪れた桟橋。

透き通った海と青い空に映える白い桟橋は竹富島屈指の人気のスポット。

夕日の名所としても有名です。

かたせ梨乃さん曰く、「地球がまるいっていうのがよくわかる場所。海の中にいるみたい」だそうです。

ワタクシも同じく3年前に行きましたが、風が気持ちよく、建物やお店もないので純粋に海や自然を感じられる、癒しスポットでした。

この投稿をInstagramで見る

Kei(@kei_metal_official)がシェアした投稿



旅サラダでかたせ梨乃さんが竹富島で宿泊した高級リゾートホテル「星のや竹富島(ほしのやたけとみじま)」

かたせ梨乃さんが竹富島で宿泊したのは、竹富島南部にあるラグジュアリーなリゾート「星のや竹富島(ほしのやたけとみじま)」。

約2万坪の敷地に、島内の家々と同じように伝統を尊重して建てられた琉球赤瓦の戸建ての客室48棟、白砂の路地、プール、見晴台などがあり、小さな集落が構成された滞在型リゾートです。

客室へ案内してもらう途中に畑があり、竹富島ならではの野菜などを栽培していて、夕食でいただくこともでき、暮らすように滞在するリゾートになっています。

「星のや竹富島」の客室は、集落の1棟。そのコンセプトが以下の通り。

「島民のようにくつろぐ、離島の集落」を楽しめます。

星のや竹富島は、珊瑚砂の白い道と琉球赤瓦の家並みが広がる、島のもう一つの集落です。家並みや家屋は、島の建築基準と、伝統建築の合理性を受け継いでいます。その忠実さは、ここを訪れた島民が「懐かしい」と驚くほど。家の周りを囲う「グック(石垣)」は、路地を歩く人の頭部がかすかに見えるものの、視線は遮るほどの高さ。実際の集落と同じような住み心地を味わえます。路地の広さも、まだ島に車が通っていなかった頃の道幅を再現しました。また、家の正面には、魔除けの意味を込めた石積みの壁「ヒンプン」が立っています。島のしきたりでは、家に入る際はヒンプンの左側を通るので、星のや竹富島でも客室の入り口は左側にあります。家屋は、いわば風の家。竹富島では、南風は幸運をもたらす自然の作用と考えられており、これを受けて、どの客室も、大きく開け放てる窓を南側に設置。海から届く心地よい風が目一杯通り抜ける造りです。伝統様式のおもしろさを、そこかしこに感じながら、ひとときの島民となる時間をお過ごしください。

この投稿をInstagramで見る

HOSHINOYA|星のや(@hoshinoya.official)がシェアした投稿

室内は南北に窓があり、心地よい南風(ぱいかじ)を取り込める伝統的な造り。

かたせ梨乃さんも「風を入れただけで景色が変わりました」と言うほどの気持ちいい空間。

お部屋にはテレビも時計もないそうです。風と共に暮らす。ステキなお宿。

星のや竹富島(ほしのやたけとみじま)

【住所】竹富町竹富1955
【電話】0570-073-066(星のや総合予約)
【料金】宿泊 1泊 75,000円(税抜)~ ※1室2名利用・サービス料別・食事別・通常予約は2泊より

旅サラダでかたせ梨乃さんが竹富島で滞在した「星のや竹富島」の沖縄の食文化を生かしたフレンチ「星のや竹富島ダイニング」

「星のや竹富島ダイニング」では、沖縄の食材や文化をフレンチの技法で昇華させたコース料理をいただくことができます。

コース料理「琉球ヌーヴェル」 1名 12,000円(税抜)*仕入れ状況により食材やメニューは変わります

この日の「琉球ヌーヴェル」メニュー
島人参のパイ包み焼き 車海老のポワレと共に
海の香りを閉じ込めたミーバイのコトリヤード
牛フィレ肉のパン粉焼き ベアルネーズソースと豆腐ようのアクセント

この投稿をInstagramで見る

kei(@kik_ppbgy)がシェアした投稿



旅サラダでかたせ梨乃さんが竹富島でおとずれた「コンドイ浜(こんどいはま)」

かたせ梨乃さんが、竹富島で行きたかったスポットが「コンドイ浜」。

こちらで、「コンドイ浜の夕日」を見たかったそうです。

ちなみに、「星のや竹富島」から「コンドイ浜」は、島の反対側にあり、距離で言うと3kmぐらいありそうです(笑)

ということは、「星のや竹富島」は、朝日がとってもキレイなんだと思いますよ~。

この投稿をInstagramで見る

Kengo Hikosaka(@9kengo111)がシェアした投稿

旅サラダでかたせ梨乃さんが参加した「星のや竹富島」のオプショナルツアー「西表島ジャングルバトラー」

「星のや竹富島」のオプショナルツアーを利用して、「西表島(いりおもてじま)」にもおとずれました。

一般的には、竹富島から西表島へは船で約30分です。石垣島からも約40分です。

このツアーでは、一旦石垣島に渡り、船を乗り換えて西表島に渡っていました。船内でホテルで作ってもらったおにぎりなど朝ごはんをいただきました。

「西表島」は、面積の90%を亜熱帯の原生林が覆う神秘の島。

●西表島ジャングルバトラー 1組 70,000円(税抜)
※1組5名まで、宿泊料、各島への船代は別途かかります
カヤック器材一式、ウォーターシューズレンタル、保険、昼食込み

「西表島(いりおもてじま)」のマングローブをカヤックツアー

「西表島ジャングルバトラー」では、マングロープや干潟など自然の宝庫・西表島を満喫しました!

マングローブをカヤックで案内してくれたのは、八幡暁(やはたさとる)さん。

16年前に東京からカヤックを漕いで西表島に移住したそうです。3か月かかったそうです。

八幡さんは、オーストラリアから日本までカヤックで横断した冒険家!素晴らしいガイドさんですね。

八幡さんの案内で、「仲間川」をカヤックで、亜熱帯のジャングルを冒険しました!

ガイドさんがいるのといないので全く違う冒険になりそうです。

この投稿をInstagramで見る

島遊び専門店 ちゅらねしあ(石垣/西表/小浜)(@churanesia)がシェアした投稿



「西表島(いりおもてじま)」の「クーラの滝」でシャワートレッキング

落差は5mほど。豊かな自然が生みだした造形美。

地元では「幸せの滝」とよばれているそうです。

かたせ梨乃さんもクーラの滝のところにあるマングローブの木の枝を利用した自然のブランコに恐る恐る乗ってらっしゃいました。

でも楽しそうでしたよ~。

この投稿をInstagramで見る

sonoco(@sonokoco)がシェアした投稿

旅サラダでかたせ梨乃さんが紹介してくれた沖縄・八重山諸島の竹富島・西表島まとめ

竹富島と西表島、ワタクシも3年前に一人旅に出かけたところです。

「星のや竹富島」のような高級リゾートには泊まれませんでしたが、竹富島の西桟橋やコンドイ浜をレンタサイクルで訪れ、西表島には2泊滞在して仲間川マングローブクルーズやビーチ、星空を満喫しました!

今回のかたせ梨乃さんの旅は、そんな一人旅をトレースしてくれた旅で、ワタクシもかたせ梨乃さんと同様に3年前を取り戻す?内容でした。

そして、もう一度行きたくなりました!

併せてご覧いただきたいのが、同じく「旅サラダ/ゲストの旅」で鈴木紗理奈さんが訪れた沖縄・石垣島の旅。竹富島と西表島を訪れるのに外せないのが石垣島です。

こちらもよろしければ旅のプランの参考にしてください!

2019年11月23日(土)放送の「朝だ!生です旅サラダ/ゲストの旅」は、鈴木紗理奈さんが石垣島の大自然を満喫する、心躍る旅に出かけました!...

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする