【アナザースカイII】間宮祥太朗さんが南アフリカの大自然でおじいちゃんとの夢実現!

2019年6月21日(金)放送の日本テレビ「アナザースカイⅡ」のゲストは間宮祥太朗さん。
間宮祥太朗が祖父との夢を叶えるため南アフリカへ。

イケメン俳優 間宮祥太朗さんのアナザースカイは?

熱いけど、いつも冷静。誰とも壁を作らず、 でも適度な距離感と礼儀を持って接する。 素敵な人柄が詰まっています!必見!

俳優間宮翔太朗さんのアナザースカイは、アフリカ最果ての地。南アフリカ。

野生動物たちの世界。

百聞は一見にしかずというか想像をはるかに超えていた。

日本からおよそ14,000キロ。香港経由で、最短でも20時間はかかる。

間宮さん、あんまり旅行の用意をするタイプじゃないそうです。

スーツケース持ってないそうです。Tシャツとパンツと、靴下、それぐらい(笑)

温め続けた夢を叶えるためにはるばる南アフリカへとやってきた。

幼い頃毎年のように祖父と旅した海外。

年に2回ぐらい1ヵ月海外を旅していた。

カナダ、ハワイ、オーストラリアなど、もともとおじいちゃんが孫ができたら世界を旅すると決めてたそうです。

小さい頃すごい動物が好きで野生の動物にすごく恋してて、

野生動物を見る。それが夢になっていた。

最後にアフリカに連れて行ってそれで最後と言ってたんですけど一緒に行くと言う夢は叶わなかった。

ヨハネスブルグから野生動物のいるサファリまで466キロメートル。飛行機も飛んでいるが陸路で目指す。

おじいちゃんと行っていたような感じで行きたかったそうです。



間宮祥太朗さんが南アフリカでお買い物と胸キュンお料理

途中で立ち寄ったところで現地の人が食べているものを食す。牛の頭がそのまま焼かれているところでそれをいただく。

食事はその土地土地のものを楽しむ。

八百屋さんを見つけてめちゃくちゃうれしそうです。地元の八百屋で食材を調達する間宮さん。

おじいちゃんとの旅行は、車に乗っているとほとんど景色も変わらず、次に行ったモーテルで泊まろうというような旅をしていたそうです。

通り掛かったモーテルでお料理を作りました。スタッフのぶんまで作ってくれました。スタッフ曰く、なんだかわからないけど美味しかったです。笑

スタッフにあぁんと食べさせるショット撮って、

#彼氏の手料理のように使っていいよ。

たしかに、男の手料理に胸キュンでした〜💓

行きあたりばったり最高!



アナザースカイで間宮翔太朗さんが出逢った絶景ブライデ・リバー・キャニオン

陸路で行ったからこんな景色にも出会えた。

世界3大渓谷のひとつ、ブライデ・リバー・キャニオン。

アメリカグランドキャニオンのような赤土ではなく緑に覆われていますなんとも幻想的な世界です。

世界最大の緑の渓谷。

壮大な自然はきれいという感情もあるけれども恐怖と言う本能的な感情が湧いてくる。

その時の感じをもう一回味わいたいな。

恐怖を感じると「生」を感じる。

すごく生きる力を持っていらっしゃるのがわかりますね。男らしい!



アナザースカイで間宮翔太朗さんが野生動物世界へ

カパマ私営動物保護区。東京ドーム2800個分の敷地に多様な野生動物が野放しに暮らしている。

車に乗ってるけど、体感的には動物たちと同じところにいる。「本能」のままの世界。

インパラの群れ。ライオンにも出会った。バッファローの群れ。ハゲワシ。アフリカ象の群れ。

動物たちの生の世界がそこにありました。彼らが生活してるのが伝わってきて、それがめっちゃ感動的。

弱肉強食の世界。

近くで見れると言う距離よりも好きに動いている動物が見られると言うことに意味がある。

動物のアクティブさが全然違うそうです。

最終日の光景を間宮翔太朗さんは一生忘れないそう。

道を外れ、出会ったのはシマウマの死体のそばで座る雄ライオン。

この距離ではなかなか見られないそうです。

食物連鎖を肌で感じられる世界。そのために来た。きてよかった。

これで後からガブっていかれるって言うオチ。もしそうなったら絶対放送だけはしてください。

なぜ祖父は幼かった自分を海外に連れ出し大自然や動物に触れさせてくれたのか?

おじい様にアンケートに答えて頂きました。

Q 幼少期の旅で何を感じて欲しかったのか

A 将来どのような道に進んでも日本は必ず海外との接触なくして成長なしと確信していたので本人がどんな環境でも同化して成長、チャレンジする人間となる意欲を持てるような感性を培って欲しかった。

おじいちゃんらしい回答だそうです。

「どんな環境でもその場を楽しむ」彼自身の生き方。おじいちゃん譲りなんですね!

何事も「道中」が楽しい。

15歳で役者としてデビューした間宮さん。何のために役者を続けている?

「目的はない。やっているときが1番楽しい。芝居でも「瞬間(いま)」を楽しんできた。祖父に育てられなかったらここにいない。祖父が連れてきてくれた南アフリカ。空気も、音も、匂いも全部が重要な気がしました。」

人生は順応しながら楽しもう。大好きな祖父のように。



間宮翔太朗さんの素顔が見られました!!!

めちゃくちゃかっこいいです〜(≧∀≦)

イケメンだけではない!お祖父様の育て方もステキ!

そして、今回はそのお祖父様の願いを叶える形でのアナザースカイ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

海外での肌で感じる体験を通じて磨かれたセンスや才能、生きる力のあふれるステキな好青年!

またまたいっきにファンになりました!


スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする