【超入門】お遍路の巡り方(四国八十八ヶ所)・移動手段・費用2019【LOVEお遍路】

こんにちは!当ブログ管理人のタクトです。

ワタクシ、この度、四国八十八ヶ所巡礼の旅を始める予定です。まずは、お遍路の基礎知識を予習し、今回はお遍路の巡り方についてまとめておきます。

はじめてのお遍路:お遍路の巡り方、打ち方って決まりがあるの?

四国八十八ヶ所の寺院のことを「札所」、それらを回ることを「打つ」というそうです。

これは、昔の巡拝者が、自分の名前を書いた木札を寺院の柱に打ち付けていたことに由来しています。
現在は、木札の代わりに「納札」を所定の「納札箱」に入れる形になっています。

基本的に、八十八箇所の札所をどこから巡ってもよいとされています。自分のペースで無理のないように巡ることができるのがお遍路だそうです。

ちなみに、一番札所から番号順に巡ることを「順打ち」といい、一般的な巡礼方法と言われています。逆に八十八番から巡礼することを「逆打ち」といい、「順打ち」3回分のご利益があると言われているそうです。
その他、すべての霊場をいっぺんに打ち上げる「通し打ち」、区間を区切って打つ「区切り打ち」、一つの県を一国として巡る「一国参り」など、巡り方にもバラエティがあるようです。
でも、決まりは全くなく、どこから打ってもいいそうです(笑)
完璧主義禁止!ですね。

そして、お遍路をはじめる定義?は、「お遍路に興味を持った時点からお遍路は始まる」と言われているそうで、そのことを「発心(ほっしん)」というそうです。

そして、八十八箇所の札所を巡礼すると「結願」、さらに高野山も巡ると「満願」といい、多くの人は「満願」を目指すそうです。

まとめ

つまり、この記事を読んでくださっている方はすでに「発心」しており、お遍路が始まっている。そして、自分の体力やペース、ライフスタイルに合わせて巡り方を選べるということですね。
ワタクシの場合は、「順打ち」「区切り打ち」で「満願」を目指して行こうと思います。


はじめてのお遍路:お遍路の行程、どうやって巡る?移動手段は?費用はどれくらいかかるの?

弘法大師・空海ゆかりの札所を巡る四国遍路は、四国を全周する全長1400キロにも及ぶ壮大な回遊型巡礼路です。

四国の険しい山道や長い石段、のどかな田園地帯、波静かな海辺や最果ての岬を「お遍路さん」が行き交う風景は、四国路の風物詩となっています。

キリスト教やイスラム教などに見られる「往復型」の聖地巡礼とは異なり、国籍や宗教・宗派を超えて誰もがお遍路さんとなり、地域住民の温かい「お接待」を受けながら、供養や修行のため、救いや癒しなどを求めて弘法大師の足跡を辿る四国遍路は、自分と向き合う「心の旅」であり、世界でも類を見ない巡礼文化といえるそうです。

お遍路の始まりである阿波は修行への志を固める「発心の道場」、土佐は自らと向き合い苦闘する「修行の道場」、伊予は迷いから解かれる「菩薩の道場」、讃岐は結願成就し悟りに至る「涅槃(ねはん)の道場」と名付けられているそうです。

この巡礼は、「修行をしている」という心構えをきちんと持っていれば、歩き、自転車、バイク、車、電車、バス、タクシーなど、どのような手段を使って巡ってもよいそうです。

ただ、すべての札所を巡るのはとても時間がかかるものといえます。
札所は、半島の先端や標高1,000m近い山の頂など、さまざまな場所に建てられているからです。

平均的な所要日数の目安は、「通し打ち」の場合、歩き遍路で40~60日、自転車遍路で20日程度、車遍路で10日程度と言われています。

個人的には、自転車遍路にいちばん惹かれますが、簡単に「車遍路」と「歩き遍路」を比較してみます。
「通し打ち」で行く場合。

車遍路(二人で行く場合) 歩き遍路
メリット 自由に移動や観光ができる
宿泊先や食事によって費用を抑えられる
自分たちのペースでお遍路ができる
大自然の中にある昔のお遍路道を通って巡礼できる
野宿やお接待を受けるなど非日常を体験できる
車とは違う達成感を得られる
デメリット 道に迷う(そのせいで時間が読めなかったり予定がずれたりする)
運転で疲れる
歩くことに慣れていないとかなり疲れる(体力次第でスケジュールに影響与える)
時間 だいたい10日~12日間(12日間で計算) 歩く速さにもよるが、だいたい45日〜60日くらい(50日で計算)
費用(赤字:2人分) 四国までの交通費:30,000円
ガソリン代:10,000円
高速代:9,000円
駐車場代:5,000円

レンタカー代:48,000円
ロープウェー:4,530円
納経料:88*300円₌26,400円
宿泊費:11泊*@5,000円=55,000円
食費:12日*@3,000円=36,000円1人あたり合計:187,930円
四国までの交通費:30,000円
ロープウェー:4,530円
納経料:88*300円₌26,400円
宿泊費:49泊*@5,000円=245,000円
食費:50日*@3,000円=150,000円1人あたり合計:455,930円
おすすめのタイプ 費用を安く抑えたい人
静かにお遍路がしたい人
ドライブ大好き!な人
長いお休みが取れない人
人の優しさや達成感を味わいたい人
五感を使ってしっかりと自分自身と向き合いたい人

まとめ

ワタクシの場合は、なかなかまとまったお休みが取れないので、自家用車か場所によってはレンタカーで、連休を利用して月に1回程度、1~2日で数ヶ所ずつ巡る方法をとろうと思っています。
2年ぐらいかかりそうですね~(笑)
しかも、その都度四国までの交通費がかかりますね。まぁ、でも、時間をかけて楽しみながら行きたいと思います!

ちなみに、ワタクシの両親らは、ご近所のお寺さんのナビゲーションのもと、知り合いの方々と月イチぐらいのペースで各回1~2日の弾丸バスツアーで巡っていました。これもお休みのない人の効率の良い巡り方と言えます。



スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする