【旅サラダ/ゲストの旅】ピアニスト西村由紀江さん鹿児島県種子島ルーツの旅

2019年6月8日(土)放送のABC「朝だ!生です旅サラダ」の「ゲストの旅」は、ピアニスト西村由紀江さんが、ご両親の故郷である鹿児島県種子島へ行きました!

ピアニスト西村由紀江さんが種子島でご先祖様と鉄砲伝来の歴史に感動!

西村由紀江さんは、大阪で生まれ育ったけれども、ご両親のふるさと、種子島には子供の頃に何度も訪ねていたそうです。

種子島は、鹿児島本土から南の海上40キロにある島で、島の周囲160km、南北60kmの縦に長い島には約34,000人の島民が暮らしています。

歴史的には1543年にポルトガル人によって日本に初めて鉄砲が伝えられたことや、種子島宇宙センターがあり、ロケット基地としても有名です。

歴史で誰もが習った「鉄砲伝来」は、種子島の最南端にある門倉岬に漂着した明の船に乗っていたポルトガル商人から鉄砲がもたらされたとして、この門倉岬には、鉄砲伝来の碑があります。

実は、鉄砲伝来の時、この辺を治めていた西村由紀江さんのご先祖様が立ち会っていたそうです!!!
船が漂着した時に西村さんの先祖が砂浜に文字を書いて会話をしたそうです。
砂に書いた文字からポルトガルの人が乗っているということや鉄砲を持っているということがわかったそうです。

西村さんも今、海外でピアノの音を使って、海外の人に気持ちを伝えていますが、このルーツがここにあったんだということを感じて、とても幸せな気持ちになりました!

時空を超えてご先祖様とつながった感動のひとときでした~!!!

さらに、島の北部に位置する西之表市にある鉄砲伝来を伝える「種子島開発総合センター」と資料館にも行きました。
種子島の文化や歴史を伝えている展示の中に、初めて日本に伝来した鉄砲もありました。
日本の歴史に残るこの貴重な品を種子島に献上した、西村由紀江さんの先祖の展示もありました!
その方が、西村天囚。漢学者で、朝日新聞のコラム「天声人語」の名付け親としても有名な方です。この西村天囚こそが西村由紀江さんの父方のご先祖様だそうです。
そして、隣に展示されていた前田宝山さんは、西村さんの母方のご先祖様でした!
両親のご先祖が並んで展示されていることに感動!!!

番組を見ているワタクシも感動しました~!




西村由紀江さんが体験した種子島伝統の民芸品「能野焼」

「素敵な民芸品もあるんですよ」と聞いて訪ねたのは、「能野焼窯元 福元陶苑」さんです。

江戸中期から種子島で作られていた能野焼。明治の廃藩置県よって絶えていたものを復活させた窯元だそう。
種子島の鉄を多く含んだ土が独特の黒っぽく素朴な風合いを生み出しています。
西村由紀江さんも焼酎グラスの作陶にチャレンジしました!
が、少しのところで修正不能な状態に(笑)
なかなか味のあるショットができました!焼き上がりが楽しみですね。
●陶芸体験:1名3240円

そして、市街地へと戻って向かった先には、西村由紀江さんのおじいちゃんの銅像がありました!おじいさまは西村健夫さん。西之表市の初代市長でいらっしゃったそうです!

西村由紀江さんは、ご自身だけでなく、ホントにすごいおうまれの人でした!

旅サラダで西村由紀江さんが食した種子島の美味しいグルメは?

海に囲まれた種子島は、海の幸が美味しいに決まっていますよね!
番組で西村さんが訪れたのは、「海鮮浜焼 銀次郎」さん。
漁師小屋をイメージした作りの和食処で、卓上のコンロで新鮮な魚介や種子島の地鶏などを焼いていただくことができます。種子島近海で取れる魚介の浜焼きが人気です
西村由紀江さんも、浜焼き「源次郎特選盛り3800円」「ナガラメ(トコブシ)の味噌漬け」「ミナとカメノテの塩茹で」と、種子島の芋焼酎「久耀」をいただきました。
小さい頃に食べた懐かしいお味だそうです。
芋焼酎は大人になってからですが(笑)
西村由紀江さん、最近、お酒が美味しいお年頃になってきたそうです!

わかります~。ワタクシもこのお食事には「酒や!酒持ってこーい!」です(笑)

そして、南種子町にできた「種子島ジェラートHOPE」という、種子島初のジェラート屋さんに行きました!
種子島の特産品を使い、毎朝手作りするジェラートは、仕入れに合わせ10種類の味が日替わりで並ぶそうです。
西村由紀江さんがいただいたのは、「焼酎入り南泉ミルク」「安納芋」「とうきびチョコ」の
トリプル!590円!

安い!おいしそう!!食べたい!!!


旅サラダで、ピアニスト西村由紀江さんが作曲した校歌を中学生の歌に合わせて演奏!

西之表市立種子島中学校は、西之表市にあった6つの中学校を統合して2009年に開校した中学校です。この学校の校歌を、ピアニスト西村由紀江さんが作曲されたそうです。

作曲して以来、訪れたことがなかった種子島中学校に訪問しました!
「この学校の校歌を作曲しました」という自己紹介に、「スゲエ!!!」と、とても素直なリアクションがほんとにかわいい中学生!
生徒たちが、西村さんのピアノの伴奏に合わせて校歌を歌いました!
いつか子供たちの伴奏をつとめたいというのが作曲当初からの西村さんの夢だったそうです。
夢が叶って良かったですね。えぇ番組や~。
中学生の歌とともに奏でられた演奏は、とても力強くて爽やかで元気になる校歌でした!
それにしても、作曲者の伴奏で校歌が歌えるなんて、しかも作曲者が世界的に著名なピアニストだなんて、贅沢すぎます~!!!

あー

わが種子島中学に

創造自主の調べあり♪

種子島!行きたい気分マックス!

日本には、素敵な島がたくさんありますね~。
この歴史に残る島、種子島は、いろんな楽しみ方ができそうです!
理由は3つ!
1.自然が美しい!ビーチや夕日、星空を楽しめそう!
2.歴史や宇宙の勉強になる!
3.食べ物が美味しい~!!!

と、いつも食べることばっかりですが、今回の西村由紀江さんの旅、ホント、感動でした~!


スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする