【旅サラダ/ゲストの旅】駿河太郎さんが高知・四万十川・居酒屋民宿をめぐる旅

2019年7月27日(土)放送の「朝だ!生です旅サラダ/ゲストの旅」は、駿河太郎さんが高知を案内してくれました!絶対行きたーい!!!

旅サラダで、高知・四万十を案内してくれる、駿河太郎さんってどんな人???

ワタクシ、駿河太郎さんって、実はあんまりピンときませんでした。

ググると、お写真、見たことある!「釣りバカ日誌」に出てた人!!!

そう、もともとはミュージシャンで現在、俳優を中心に活躍中の、1978年生まれの41歳。お名前に聞き覚えがあるなと思ったら、そう!笑福亭鶴瓶さんの息子さんでした!ドラマ「半沢直樹」で、親子共演して話題になりましたね。

駿河太郎さんのインスタを拝見すると、サーフィンやボードがお好きでお得意のようです。かっこいいですね!
今回、高知県南部に行かれ、番組でもサーフィン姿を披露してくれました!
鶴瓶さんと似てるかどうかも含めて、注目でーす!

https://www.instagram.com/p/BwJ8myqhVW7/



旅サラダで、笑福亭鶴瓶さんの息子さん、駿河太郎さんが高知でカツオのタタキ作り体験

やっぱり、高知の海!

やりたいこと全部やる旅でした!

https://www.instagram.com/p/B0TckejD1My/

まず向かったのは、漁業が盛んな中土佐町の「久礼大正町市場」
やっぱりカツオが一番オススメとのこと!
市場のツイッター、昔ながらの市場の店先にに並ぶ新鮮な食べ物、美味しいに決まってるやつ。

https://twitter.com/kuretaishomachi/status/1153847086812520450

「黒潮工房」でカツオのタタキ作り体験をしました。
こちらは、中土佐町の久礼湾に面した小高い場所に陣取る「黒潮本陣」にある施設で、宿泊、食事もでき、日帰り風呂も入れるようです。これだけでも魅力ですね!

駿河太郎さん、カツオ一本をまるごとさばきました。普段家族のために料理をするという、駿河太郎さんですが、魚を捌くのは初めてだったそうです。すごい量のカツオのタタキが出来ました!ネギとニンニクをのせて特製醤油だれでいただきました!

●鰹タタキづくり体験 中級コース
鰹 15000円(時価) 体験料 1500円

めっちゃ美味しそう!本場のカツオのタタキ、食べたい!


旅サラダで駿河太郎さん、四万十川のカヌー体験

中土佐町から車で西へ1時間半。いよいよ四万十川へ。

ここでやりたかったのは、独特の景観である「佐田沈下橋」を渡ることと、もう一つがカヌー。初挑戦です。

インストラクターさんにパドルの使い方を教わって、早速出発しました。流れの緩やかなおよそ5キロのコース。
子供でも充分体験できるそうです。少し急流もあって、楽しそうです。
最後は「岩間沈下橋」の下を潜ってゴール。

●半日カヌーツーリング 大人6500円

旅サラダで駿河太郎さん、四万十の幸を居酒屋民宿で満喫!

この日のお泊まりは、「旅の宿 寿吉」さん。1泊2食付8424円から

女将さん曰く、下の町で居酒屋をしていて「大ヒット」したので、30年前この地に移り、居酒屋を兼ね備えた民宿を始めたそうです。

ここでも居酒屋は「大ヒット」。この日は、水曜日で週に1度のサービスで食べ放題飲み放題です。お寿司やおそうめん、イノシシの角煮、アオサノリや四万十のうなぎの天ぷらなど、40種類もの料理が並びます。

なに、これ!?めちゃくちゃおいしそう!こんなにたくさんの手作りのお料理が食べ放題って!?しかも、宿泊者はこれが晩ごはんみたい!贅沢です!

しかも、この女将さん、アケミさんが、もう!楽しそう!

今朝放送された旅サラダの寿吉での撮影に呼んでもらってました✨駿河太郎さんを囲んでの美味しく楽しい仲間達との宴会に時間を忘れてやりきりました✨太郎さんはサーフィンするので相方や海斗ともすぐ仲良くなって海斗は翌朝のサーフィン撮影にも呼んでもらっ…

Anna Sasakiさんの投稿 2019年7月26日金曜日

旅サラダで駿河太郎さん、高知で念願のサーフィン!憧れの人と最強黒潮グルメを堪能!

翌日、黒潮町に移動し、念願のサーフィンをすることに。ずっとあいたかった憧れのサーファー、濱口健作さんにお会いしました。濱口さんの技、ドロップ・ニー・ターンを直接見て、教えてもらいました。最高の思い出になったそうです。

サーフィン姿がめっちゃカッコ良かったです!

浜口さんに連れて行っていただいたのは、土佐清水の人気の食堂「御食事処あしずり」です。

名物は地元のブランド魚、清水サバ。そのサバを使ったさばタタキ定食1300円をいただきました。清水サバは、生きたまま入荷するものしか清水サバと言わないそうです。この辺ではサバもタタキにするそうです。

もう一つの健作さんのオススメは、ごま油と塩で味付けした清水サバのお刺身。ごま油と塩とネギが最強だそうです。

確かに美味しそう!生ビールが進みます。

これは、高知行くしかない!!

駿河太郎さんも素敵な方でした。



スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする